スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マギア・ミスティカ その5

マギア・ミスティカ、フルコンプです。

魔法の世界も楽じゃない。

なかなか素晴らしい世界観&シナリヨでした。おもしろかったよ。音楽も良かった、さすがと言うべきでしょうか。文章が硬めなので初めは少し疲れたけど、後半からは一気に読ませる内容だった。ただあの不可解な種子についてはよくわからんかったが。読んでて楽しめたルートは『朱里』と『リヒト』。パッケージにもあるように、この2人はメインなんですかね、やはり。

マギア・ミスティカ

そんな中、1番好きなキャラはズバリ、ほなみんです。出会ったときからフォーリンラブしました。素直で優しい子というのは他のゲームにもありそうだけど、とにかくこの子の落ち着きっぷりには感心しました。いかなるときも、この平常心。単に私がこういう人を好きというのもあるかもしれないけど、本当にエェ子です!(←そればっかりだな)

キャラによってCGやシナリヨにバラつきありますが、まぁそういうのはよくある話なのであえて触れないどく。が・・・エルネイのエンドは見たかったな。他にもそういうの感じている方はいるんでないでしょうか。あの『調律者』エンドはなんか違うし。

あとね、ここのシーンの絵が見たい!ってところでCGがない。もともと多くはないけど、ほぼ戦闘か絡みシーンなので、他の日常的な絵が欲しかった。あるにはあるけど、もっと見たかったです。

もし購入を迷っている方がいれば、初回限定版が手に入るうちにどうぞ。値段が同じなら断然お得なので。小冊子の小説はゲームを終えた後に読んだ方がいいと思います。
スポンサーサイト

マギア・ミスティカ その4

飛鳥井先生エンド・グレンエンド・村上エンドとBADはイアンエンド・3Pエンド見ましたので、これで全部のエンド迎えました。

第1章の終わりに先生と誰かがユイについて語っていた怪しげなシーンがあったので、途中裏切り行為でもあるんじゃないかとヒヤヒヤしながらプレイしてました。それにしてもユイの体が小さいので先生やグレンの体格差には、ちょっと犯罪めいたモノを感じてしまいましたよ。もう見た目が大人と子供って感じなので尚更。でもさ、それがまたイイって思ってしまう自分も終わってるかね。村上に関しては、一般生徒とどうくっつくのか見物でしたね~。ちょっと新鮮な感じだ。が!!彼は何?オマケ的な扱いなのかしら?絵も少なくて残念だよ・・・。

イアンに関しては思いの他良かったよ。でも、これBADなの?まぁ、BADか・・・。3Pは、なんだかやりたい放題だな、オイ。どうせなら、これ以外のメンバーも見てみたかったぜぃ。

次回はこのゲームのまとめです。

では、以下ネタバレの感想です。ご注意を。


続きを読む

マギア・ミスティカ その3

リヒトエンド・穂波エンドとBADはのソルエンド・調律者エンド・本部強制送還エンド見ました。

普段飄々としてるリヒトですが、このルートでは彼の素性が明らかになります。何か事情があるにせよ朱里ルートでリヒトのとった行動に余りいい印象が無かった(性格もちゃらんぽらん系のように見える)ので、いったいどういうことなのさ・・・と疑問に思ってプレイしてたんですが、彼のエンドを迎えてごめんなさいと謝りたい。

そしてそして愛しのほなみん(穂波)。出会いがああいう感じだから、ユイもすんなり彼を受け入れいたように見える。

朱里の話もそうだけど、マギミスすごいよ。思っていた以上に話が非常に丁寧に作られているように思う。こんなこと言ったら怒られるかもしれないけど、あえてBLの枠に収めなくても全然OKかと・・・。

エンドの感想についてはネタバレしているので格納。しかも長いです。


続きを読む

マギア・ミスティカ その2

ようやくマギア・ミスティカに手をつけ、朱理エンドを見ました。

1番はじめのカードバトルあたりまでは話の内容を理解して進めるので精一杯です(アホの子なので)主人公ユイがこれまたずいぶんお堅い方で、シナリヨが全体的にシリアス調なのもあり、終始緊迫ムードでちょっと疲れました。が!カードバトルしてからは話がトントン進み出しおもしろくなってきました。

カードバトル

カードバトルに関してはおもしろいんだけど、簡単過ぎるのでは・・・というのが正直なところ。属性に対応するコンボなどの説明もありましたが、私の場合一辺倒な戦略になってしまい、その繰り返しで勝つといった感じになってしまった。守護カードは相手のMPが増えてきたら使用してましたが使いどころを誤らなければ問題ないかと思う。カードバトルには期待していたんだけど戦略バランスがもう一歩。でも値段設定とあくまでこれがメインというゲームでもないので仕方ないかな~。

今のところ朱理ルートしか通ってないのでわからんのですが、他キャラルートが非常に気になります。よく練りこまれたお話だし、消化不良がなくていいと思います。章が進むにつれてグイグイ惹きこまれました。声が付いてないのが幸いかどうか・・・会話が説明を兼ねているようで不自然さを感じたけど、まあいいか。

笑うところじゃないんだけど、妙におかしく思えた出来事。

↓ 穂波くん
穂波

↓ 穂波くんという人材が欲しいユイ
ユイ

このシーンで私は一瞬固まった。もちろん穂波くんの力がユイのチームにとって必要だから欲しいんだろうっていうのは分かるんだけど、ユイの周りにはこういうホンワカな人がいないし出会いがあんな感じだったので個人的に居心地の良さそうな彼にいて欲しくてそう思ったのかと勘違いしてしまった。しかもこんな真面目な顔で『欲しい』なんて・・・。多分ユイが「お前が欲しい」って言えば「うん、いいよ」ってすぐにでも返事がくると思うよ(笑)というか、私が穂波くんを欲しい!エェ~子だよ、この子。

ところで、あの・・・。魔力供給のシーン?あれはそのあんまりにも抽象的で私にとっては逆効果だぜぃ!へんにぼかしているというかなんというか・・・これならハッキリと部位や行為の過程を書いていただいた方がスッキリします(笑)もしくはキレイすっぱり無い方がすんなり受け入れられそうです。このへんは各々好みがあるので、ここでやめとく。

では、以下は朱理エンドの感想。バレになるので仕舞っておきます。


続きを読む

マギア・ミスティカ その1

マギア・ミスティカ、本日到着しました。

マギア・ミスティカ精霊魔術師初回限定版

仕事の都合でなかなかプレイできそうにないのですが、時間をみつけてやってみようと思います。それにしても長かったね・・・このときを迎える日が!現在は気分だけでもマギミスに浸ろうと特典サントラ聞いてます。ちょっとWiiのオプーナ思い出しちゃった。

今日インストールして明日少しプレイできたらいいな~。そういえば公式でおススメの攻略順が紹介されていたと思ったが・・・。というか、ルート規制入ってんだよね。最初に攻略できんのは朱里かリヒト。おススメは「朱里→その他」らしいッス。朱里が黒髪メガネで、リヒトが金髪蒼眼ね、ほうほう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。