スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テイルズオブデスティニー ディレクターズカット その7

リオンサイド終了しました。
がっつりネタバレしている感想ですのでご注意ください。


グレバムのおっさんを倒すところまではほぼスタンサイドと同じ。ただリオンが単独行動しているところはリオンサイドです。当たり前か。このリオンサイドはパートナーであるソーディアン、シャルティエとの友情が描かれた作品だと思いました。またスタン達との旅は彼にとって大きな影響を与えたものだったと実感。

リオンとシャルティエ

天地戦争を再び起こさない為に造りだされたソーディアン。その中でもシャルティエは若く、ディムロスたちとはどこか距離があったように見えました。本人も彼等のことは親友と言うより戦友だと言ってましたしね。そして以前彼がアクアヴェイルで処刑用の剣として扱われたというのはスタンサイドで明らかに。そんな過去を持つ彼のマスターとなったのはまだ小さいリオンだったというワケなのですね。

このふたりが話しているときはソーディアンとそのマスターというより本当の親友のよう。シャルティエがすごく楽しそうだ。いつもふたりで何でもやってきた、こういったシーンを見ているとソーディアンとしての使命よりもリオンと最後まで共にありたいと望んだあの最後のシーンもうなずける。

終わらない悪夢

グレバムのおっさん後はリオンのオリジナルストーリーが少し。その中マリアンからの言葉で、彼が今までのしがらみから解放され自分の道を歩もうとした矢先あの末路を辿ることになるわけです。ほんとに最後の最後まで運命に翻弄されたという言葉がピッタリの少年でした。

結局ルーティがなんで孤児院行きになったのかは分からなかったよ。それにしても久々に長時間RPGしましたが、このテイルズは本当におもしろかった。シナリヨもそうだし、バトルシステムも工夫されてて楽しめたと思います。
スポンサーサイト

テイルズオブデスティニー ディレクターズカット その6

あれから各地をまわりサブイベントをいろいろ見てきました。
お約束のこんなシーンもあった。 ↓

魅惑のお風呂シーン(笑)

この後コングマンがルーティのアトワイトで頭をプスッとされるのだが、いくら身を守るとはいえ風呂に剣を持ち込まないでくださいwww 私が好きなイベントはリーネの村でスタンが羊の放牧をするシーン。スタンの『わーい』が無邪気すぎて可愛い。数回繰り返して放牧してみました。

なにやら期間限定で発生するイベントもあるらしくて全ては回収できなかった。実はこの後積まれたゲームを急いでしたい為、かなりかけ足でプレイしてます。とりあえず一通りぐるっと起こせるイベントはやってみました。

そして大量のレンズを集めいよいよ最後のダイクロフトへ。このダイクロフト内部にはホント参りました。仕掛けが多く、似たようなところを何度も通るので途中どこにいるのかわからなくなることが多々ありました。バトルすんのも面倒になってきて、最後の方は敵が現れないようになるアイテム、ホーリィボトルを大量消費。そしてようやくサイヤ人の下へ!

最後の戦い

レベルは平均で64くらい?だったかな。これが最後とばかりに今まで使わなかったアイテムをジャンジャンバリバリ投下。ここではじめて「あ、こんな便利なアイテムあるんだ」とか気づいたりしました。結局最後の最後までオートでプレイ。ラスボスを倒した後はエンディングになるのですが、もうね途中から泣けてきてしまって・・・。このゲームは犠牲が多くて本当に切ないよ。真面目に『ソーディアンサイド』も追加して欲しい。

スタン

ところで・・・ここのシナリヨではルーティがなぜ親元から離れ孤児院で育ったのかわからなかった。このへんはリオンサイドで明かされるのかな?ここまでプレイしてみて思ったのは、この作品かなりの良作ですね。本当によく作りこまれていると思う。では、いよいよリオンサイドをやってみようと思います。

テイルズオブデスティニー ディレクターズカット その5

このへんのプレイ日記はゲーム後半にきてますので、既になんとなくネタバレしちょる。
これから先読むお方は気をつけてくだされ~。


前回の出来事にしばらく沈んでいたが、そんな私にちょっとだけ光が・・・。
今まで壊れていたらしいソーディアンを修復!なんとこれまたイケメンなお方が!うひょっ。

イクティノス

でもこの人おとなしいのね。あんま喋らない・・・。ディムロス喋りすぎ(笑)

は~、それにしても空中都市編長かった。ここで以前地上軍の総司令官をしてたというリトラーに会う。当然実体はないので、映像の彼なのだが・・・。↓ なんかリトラーの顔がぽか~んとして、しかもあさっての方向。本当に大丈夫なのだろうかと思った瞬間。ルーティーも心配してます。

ぽかんリトラー

この空中都市でのバトルが大変で大変で本当に困りました。レベルはそこそこ普通に上げているつもりなんだけど、毎回アイテム使って回復。でも持てる数にも限度があるし、フードもどんどん消費してしまうので建物の中に入っても目的地までたどり着けない始末。今までメンバーとか適当に選んできたけど、ここでようやく敵の弱点を攻撃できるキャラや術技を細かく設定するようになった。

のに!

それにしても、おかしい。ソーディアンデバイスもそろそろすべてマスターに近づいているのに、なんでこんなに弱いんだろう。CCがたくさんあった方がボコにしやすいから優先的にマスターしていったのですが、よ~く見るとCCが増えてない。え?これ、もしかしてマスターした後もセットしとかないと意味がないの?

・・・・・また得意の勘違いをしていた模様。

説明書を引っ張り出してきて読みました。
もうね、いい加減マイルールでバトルすんのやめろよって言いたい。自分に。
そして既にマスターしたデバイスにポイントを振り分ける。
その後試しに苦戦していた場所へバトルしに旅立つ。

さっきのがウソみたいに強くなりました!

バトル後「てこずったな~」が「もう終わりかい?」なコメントに変わった。ス、スゲー!つうか、よく今までこれで普通にやってきてたよな、オイ。実は私・・・現在バトルは全オートでプレイ中。comならどんな戦い方をするのかと1度オートにしたら自分がプレイするより華麗すぎて自信なくした。でも、バトル操作もこのゲームの醍醐味だと思うのでしばらくしたら戻そうかと思っていたんだけど、結局オートで(笑)

ようやく最後のおつかい、ベルクラントまでキタぜー!ここに来るまで「え?この人と戦うの?」な展開があって心苦しい場面もあったけど、これで神の眼奪還か?!

ベルクラント

画像が既にネタバレしてるけど、この先は下に隠す。

続きを読む

テイルズオブデスティニー ディレクターズカット その4

あれからもくもくプレイしてました。結構進んだかな?

各地を点々と移動していたグレバムのおっさんをようやく退治することが出来ました。が、しかし彼も黒幕の駒にすぎなかったようです。結局ここでは神の眼の目的がわからんかったが、とりあえずこれで一段落。当然このデカイの持ち帰るんだよねぇ?と思ったら、スタンがここで壊すとか言い始めた。ちょ、王様から奪還するよう言われていたはずなのに・・・。

神の眼壊すの?

まぁでも、こんなもんがあるから争いの火種になるので破壊決行。ところがこの神の眼、キズひとつ付けることができません。どんだけ硬いの?仕方ないのでお持ち帰りしました。ダリルシェイドで厳重に保管されるということなので、スタンは里帰り。他のみんなも自分の故郷に帰っていきました。このあたりまで仲間内の色んな事情を知ることができましたが結構重い話が多かった。でも誰かの為にとか護るべきものがあるなど、キャラ各々の設定がしっかりしてて感心した。

さて、生まれ故郷のリーネ村に帰ってきたスタン。相変わらずだな・・・おまいは。

実家に帰らせていただきます

ところがこの後あれだけ苦労して取り戻した神の眼がまた奪われたとフィリアが迎えにきた。えーーー?また取られたのかよ。そしてみんなのところへ向かうことになる。再度ダリルシェイドで事情を聞いたら、なんとリオンが持ち去ったらしいとのこと。いよいよここから黒幕も大きく動きだしたので話がおもしろくなってきたぜぃ♪

この先はかなりのネタバレになるので、知りたくない人は読まない方がいいです。

続きを読む

テイルズオブデスティニー ディレクターズカット その3

かわせ~かわせ~ごぉごぉ イエィ♪
あたれーあたれー、しびれるぅぅぅ~(大爆笑)

あのぅ・・・風船みたいな帽子を被った吟遊詩人が仲間になったんだが、これはアレ?笑いを狙ってやってるんだよね。私はこの人をパーティーに入れバトルしたとき目がテンになりました。あの支援系の歌は即席でお作りになったものですよね、きっと。ゴーゴーなのかワォワォ言ってるのかよくわかりませんが、とにかくアナタの歌が気になっていつも目で追ってしまいます。

↓ トウケイでティベリウスを倒した後のじょにー。おまい、まだ歌うの?
じょにー

肝心の悪の親玉らしき人物が、あっちこっちに移動するので未だ追いかけっこが続いています。現在トウケイを出発するところ。いつまで追いかけるんだろう・・・。もちろん、とっ捕まえるまではやるんだろうが・・・。まだ中身がいっそ見えてこないので、ちょっと退屈だよ。神の眼を奪った目的とか、昔何があったのかぐらいは少しずつ明かされていかないと、だた追いかけて毎度毎度逃げられるんじゃ「またかよ」ってなる(←気が短い)

↓ ところで彼等はこの先も登場するんでしょうか。
漆黒の翼 イエイ

この 『俺たち漆黒、漆黒の翼♪イエイ』 はいい加減覚え、登場したときは一緒に歌ってます。もう見た感じ情けない雰囲気が漂っているんですが、最後の方では何かしら活躍させて欲しいと願う今日この頃。

●おまけ●

↓ 船酔いリオン。
船酔いリオン

スタンも気づいてやればいいのに(船酔い→リオンにとっては放っておいて欲しい)、あえて構いにいくところが笑える。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。