スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あやかしびと-幻妖異聞録- その8

すみません、そこのダンシングマシーン。

気持ち悪いので何とかしなさい。

トーニャ

あやしびと、フルコンです。

結果から言うと想像以上で驚きました。どのルートもシナリヨが練りこまれていて楽しめましたし、とにかくここに出てくるキャラ達が非常に魅力的でかっこいい。各々のルートできちんと見せ場があって、ほとんど飽きずに最後までプレイできました。で、泣いた。泣いた。このゲームのテーマはずばり『家族』ですか?と思うくらい兄弟や親子の話が印象に残っています。もとは18禁PCゲームなのでプレイしてて話のつながりが「???」だったり、なんでジュースで酔うのか不思議な場面もありましたが、まぁいいよ。

それにしても!主人公以外のキャラが素敵過ぎる。もちろん、双七くんも好きだけど。インパクトあったのはトーニャかなぁ?トーニャルート以外で見せる彼女が非常におかしい(笑)他の生徒会メンバーでは刑二郎が笑えた。彼はあれだ、ムードメーカー的な存在なのかしら?でもいざって時は本当に頼りになるかっこいい男だった。心残りはさくらちゃんの雌豹ポーズが見れなかったことか。さくらちゃんの乳をむぎゅってしてる美羽ちゃんがなんか妙に羨ましい。PC版でさくらちゃんとのエロいシーンはないんでしょうか。

さくらちゃんとみゅう

それでも個人的に好きなキャラは女性なら刀子先輩、男性は・・・悩むな。白い会長の年寄りくさいところも好きだけど、やっぱり虎太郎先生だな。会長より出番少ないんだけど、あの零奈『いい女』シーンや九鬼と戦ったところが強烈過ぎ。そしてずん’s的泣けたシーン1位は刀子先輩ルートの兄。2位は逢難ルート、彼女が選んだ最後の選択肢。多分もう1度見ても泣けてくると思う。

ゲームも終わったことだし公式行って人気投票の結果やら記念壁紙ショートストーリー、幻妖異聞録発売記念の「あやかさんとしゅうげんくん」「テンプテーション・オブ・フレグランス」をダウンロードしてやってみた。PS2版にあやかさんは出てないのだがPC版には登場していたのかな?それにしても、あやかさんがおもしろすぎ。私もこの学校に行ってみたいよ。もちろん新聞部に入ってあやかさんと一緒にネタ探しに勤しみたい。

テンプテーションではさくらちゃんが・・・エプロン(意味不明)いやいや・・・PS2版にはエロないので、すごく衝撃的だった。そして刀子先輩と一緒になんて。なんかすごくおいしすぎな展開じゃない?本気で双七くんが羨ましい。それにしても双七くんモテモテだに。いちいち空に向かって報告されてる兄様が不憫で笑えるよ。

と言うわけで私のあやかしデイズは終了です。
ここまでお付き合い頂きありがとうございました。
スポンサーサイト

あやかしびと-幻妖異聞録- その7

相変わらず、尖ってんなぁお前の頭は。

すずエンド(別名:九鬼先生ルート)完了。

すず

コン!
な、長かった。長かったよ、ここまでくるの・・・。双七くんには、やっぱりすずしかいないと思います。なんだか『恋愛』という言葉では片付かないくらい強い結びつきを感じました。ゲーム中でも、もちろんそういった言葉(好きとか愛してるとか)が聞けますが、そんなのがなくても充分強い絆があると思います。

夜の学校で

この2人のやりとりは、やはりメインとなるだけあって丁寧に描かれていると思います。が!それよりも私はすずと美羽ちゃんの友情を感じさせるシーンが好きだ。あんなに人間を嫌っていたすずと、いつもおどおどして自分のことを喋れない美羽ちゃん。そんな彼女達が徐々に心を通わせいきます。すずの窮地に美羽ちゃんの取った行動は私の涙腺直撃コースでした。

では、以下バレ。

続きを読む

あやかしびと-幻妖異聞録- その6

獣如きが・・・賢しいわッ!

飯塚薫エンド(別名:虎太郎先生ルート)終了しました。

飯塚隊長

薫と言えばドミニオン。ドミニオンには双七くんの師、九鬼先生がいる。他ルートで九鬼先生の目的が謎だったので、この薫ルートで詳細が明かされるのかと楽しみにしてたんですが結局肝心な部分はわからんかった。残すところすずだけなのですが、そこまで持ち越されるのかな?すずのルートでこれ以上のネタが出てこなかったら、それこそ消化不良だよ。私の中で九鬼先生はキーマンなので、すずのシナリヨに期待する。

いやー、それにしても虎太郎先生があんまりにもかっこよすぎて参りました。だって全然出てこなかったからさ、いったいどこで出てくるんだろうって思ってたんですよ。彼が想像以上で双七くんが薄れてしまいました。零奈があれだけ惚れ込むのもわかるよ。つうか、零奈じゃなくても落ちるねアレは!これが乙ゲーなら、私はここで虎太郎先生のフラグが立つよ。

虎太郎先生

さて・・・薫なのですが、まだ双七くんが幼くして病院にいたころ彼女も患者として入院しており、彼の面倒を見ていました。で、その・・・2人の禁忌になってるあの過去の事件ですが、私の頭が悪いのかあんまり集中してプレイしていなかったのかよくわからんのですが、そもそもなんで双七くんを裏切るような行為(内容はバレになるので伏せておきます)を取ったのか理解ができません。余りに唐突であそこまでする必要があったのか疑問。別に、その昔よくしてくれたお姉さんが突然いなくなったけど忘れられなくて・・・でも充分イケるんじゃないかと。

私は虎太郎先生のネコマタの話と学生時代どんな風に過ごしてきたかの方が気になる。じゃ、以降はたたむ。

続きを読む

あやかしびと-幻妖異聞録- その5

出たわね、妖怪八百八狸!

トーニャエンド見ました。

キラりんトーちん

とにかくトーニャが可愛いかった。
そしてここのルートは生徒会が大活躍。特に狩人。キター!
あと白い会長が妙にジジくさくて笑える。だって、なんだか父さんみたいだよぅ。

笑えると言えばトーニャの兄(オタ) ↓
兄(笑)

トーニャルート笑えたしおもしろかったんだけど、正直申し上げて双七くんがトーニャのこと好きになっていく過程があんまり伝わってこなかったよ。なんとなく気になって、いつの間にかなの?彼女がある日から突然「好きです、付き合ってください」効果もあったのかどうかわかんないけど・・・。とか、もうここからかなりネタバレしちゃいそうなのでしまいます。

続きを読む

あやかしびと-幻妖異聞録- その4

この猿がぁぁぁー!

逢難エンド終了しまつた。

逢難

実は前回エンディングを迎えた刀子先輩ルートでも逢難との会話シーンがあり、そのときから思っていたんですが、この人?妖怪?たちは案外合っているのではないかと感じた。双七くんにとっては自分の体を乗っ取られるかもしれない危険な存在なのですが、ど~も漫才を聞いているみたいで思いのほか楽しかった。ただ・・・双七くんは『少女』って言っていたけど、どう見ても私には大人の女性に見える。

それにしても主人公の双七くんがモテすぎ(笑)いや、主人公だからっていうのは分かる。逆の乙女ゲーでも主人公の女の子が攻略キャラ達みんなから好かれているって設定はよくある話だし。でもこの逢難ルートプレイしてたら、なんで双七くんが皆から好かれるのかなんとなく分かったような気がする。もちろんなんでもカンペキなわけではないし弱い部分はたくさんあるはずなのに、その中でも信念を曲げない彼がたまならくかっこいいと感じた。

逢難のエンディングは2種類あったんですが、私この2つのエンド両方大好きです。エンド1は、コレ男性の方はスプーン氏ですよね?喋ってるの・・・。おったまげました。では以降ネタバレのためしまいます。

続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。