スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダ・カーポガールズシンフォニー ヴォーカルアルバム

昨日ガールズシンフォニーのボーカルアルバム『Side Girls Complete Disc』 が届きました。

D.C.Girls Symphony ボーカルアルバム

走り出す季節 キミと一緒に 見つけたいね WonderStory
どんな未来に出会えるかな? Cherry’s Magic? or Love? はじめようか~♪


届いてからずっとリピートで再生。エンディングに流れていた曲をこのCDでじっくり聴いてみているんだけど、普通にみんなうまい。そしてどの曲も聞きやすいので、ゲームをプレイしてなくても好きな声優さんがいれば聞いてみる価値はあるかもしれない。

それにしても、ここに収録されいる曲は歌詞が非常に良いです。キャラソンってそのキャラクターに合わせた内容になるのは当然かもしれないけど、中には歌詞読んでいるだけで切なくなるモノもあった。やはりゲームやっていると、その思い入れもひとしお。

これ誰が書いているかと思ったら、こだまさおりさんだったよ。私が覚えている曲ではアニメ・ネオアンジェリークOPがそうだったと思う。というより、最近のネオアン関係はほとんどの曲の歌詞を担当していたと記憶している。

私がCD買ったキッカケは主題歌をフルで聞きたかったからなんだけど、今ではEDで使用されていた曲全部好きだ!他は主題歌をソロ(四之宮兄弟のみ)で歌ったものが収録されている。はじめは「そんなに同じ曲を入れられてもねぇ・・・」って感じだったけど、コレはおもしろい試みかも。特に航平がカワイイ~!個人的には平川さん好きだから、彼でこの歌も聞いてみたかったな~っていう気持ちもちょっとあるかな~?
スポンサーサイト

ダ・カーポ~ ガールズシンフォニー その5

ゲームは終わり、今回は初回限定版に付いていたドラマCDと、メッセ特典CDについての簡単なあらすじと感想になります。ややネタバレ風味ですのでご注意を。それ以降はゲーム本編のまとめになります。

D.C. Girl's Symphony ~ダ・カーポ~ ガールズシンフォニー パッケージ

●四之宮家の家族会議&古城先生の家庭訪問編(総トラック約45分)

四兄弟の絡みは非常におもしろかったので、この家族会議も楽しみでした。内容はそれぞれ兄弟が要望?というか改善して欲しい事柄を出し合い、それについて長兄が(一方的に)判断を下すというものでした。四之宮家は月に1度こうした会議を開いているようです。・・・微笑ましい。

航平からは蒼が自分の携帯を勝手に使うのやめて欲しいとか、蒼からは稜平へ私物を勝手に仕舞うなとか。なんだかこんなところでもチクチク兄弟に虐げられている稜平(笑)おまいは本当に苦労人だ。

そんな家族会議に古城先生と龍之介が訪れます。実は家庭訪問日だったことを渓に伝え忘れていた航平。この子は結構大事なコトをスルーし、カワイイ顔で言いたいことはハッキリ言う子だね。特に稜平には!その家庭訪問はほぼ先生と渓のいがみ合いで終わります。それぞれみんながやりたい放題の四之宮家のひとコマですが、稜平がかなりキレ気味(笑)小遣いカットという弱みを握られているようだけど、ガンバレ稜平。

最後のトラックはフリートークでしたが、これが結構おもしろかった。航平役の鈴木裕斗さんは体格がすごくいいそうで、司会役の鈴木達央(以降、達さん)が「何かやってたんですか?」と聞いたら・・・

『男らしくなりたくて和太鼓を・・・』

みんな和太鼓に驚いていた。私声優さんのことはほとんど知らないので(趣味やどんな性格かとか誰と誰が仲いいとか)ここのフリートークはかなり新鮮でした。航平の声ってすごく可愛らしいので驚きましたね~。龍之介役の大須賀純さんが来年30になるのに龍之介は夕方にならないと無理ですなど(笑)

ところが!平川さんは別収録でみんなとは一緒にフリートークできなかったんですよ。なんか大人の事情とやらで・・・。この雰囲気がすごく楽しかったのですごく残念だ。でも、その後ちゃんと1人Ver.で録ってあった。すごく寂しそうだったけどね・・・。

●兄VS家庭教師の特売セール編(総トラック約20分)

じょわ~。なんだ、どうした。CD再生したらイキナリ怪しげというか、おどろおどろしい音楽が聞こえてきた。そうか、タイトルが兄VS家庭教師だもんね。これはこうなる→過保護シスコン教師VS非常識家庭教師(笑)つうか、前のCDでも散々言い合っていたのにまたか!

どこで何を買うのが1番安いのかお互い言い争っているが、家庭教師の情報がハンパない。渓『各店舗の特売日・セール情報・ポイント還元率は常に変動している。日々チェックしておけ!基本だ』 ここの『基本だ』の部分がすごく勝ち誇ったような言い回しですごい。いい大人が昼間から商店街で何激論してんだか・・・ぷすっ(笑)

その後シスコン教師の持ってきたチラシを見て、余りに安いアジの開きに食べても大丈夫なのか不安になっている渓。結局2人で大量にいろいろ買い込んだらしく、持って帰るのが大変なので渓が荷物持ちを呼ぶ。あ・・・もしかして、またリョウか。案の定電話で強引に呼びつけたよ。さすがに孝明もリョウのこと気の毒そうに思っていた。

聞いていた感じではこの勝負家庭教師の方に軍配が上がりそうかな~??それにしても、このドラマかなりおかしいんだけど、他のCDはどうなの??おもしろそうな予感がする。

●まとめ

総合的な判断ですがおもしろかったです。お話は確かに王道ですし、ゲーム慣れしている人ならある程度展開は読めてくるでしょう。人によっては苦手なシナリオもあるかな?という気もしますが、私は楽しめました。というか、ピュアになった自分がいました!(笑)良作だと思いますよ。

それと一部アレ?と思ったものもありましたが絵がキレイでした。構図が今までの乙ゲーとはちょっと違った感じに見えた。これはやはりブランド元の影響もあるのかと感じましたね。史桜が小さくてとても可愛らしい女の子でしたので、それがよく伝わってくる仕様というのかな?

BGMも気に入ったものがあり、またエンディングには攻略したキャラが歌う曲が流れて良かったです。OP曲『Cherry’s Magic & Love』がとても気に入っているので、ボーカルアルバムは買う予定にしてます。

システム面では、私個人はあんまりシビアではないので(スキップが高速ならありがたいという程度)気にはなりませんが、次の選択肢まですっ飛べるのはありがたい。セーブするところもいっぱいあったしね~。私はそんなに使わないけど。

ただちょっと気になったのは、男性・女性キャラの顔の大きさが違いすぎるように感じます。並ぶとよく分かる。バランスを統一して欲しかったですね。

もし気になっているけどプレイはしてないという方がいれば、アナタもはにかんでみて欲しい。
通常版は10/24発売です。

ダ・カーポ~ ガールズシンフォニー その4

孝明・龍之介のエンディング見ました。
これでフルコンプです。

兄ちゃん(孝明)アンモナイトマニアだよね(笑)
てーしゃつは分かるんだけど、アンモナイト柄の浴衣。これどこで見つけてきたのさ?
アンモナイトTシャツ   浴衣アンモナイト仕立て

兄ちゃんルートの感想ですが、今日は真面目に語らせて頂く。
いつも真面目に感想書いているつもりだけど、今日は特に。

今回は教師でもあり義兄という難しい立場の恋愛だったけど、兄ちゃん・・・本当に良かった。血は繋がってないけど兄妹でお互いを好きになってしまうという妙な背徳感。共通ルートではとにかく兄ちゃんと過ごす選択肢を選んだけど、これ・・・誰も入り込むスキがなくね?もちろん兄が妹を守り、妹が兄に慕うという純粋な家族愛もあってちょっと羨ましくなった。私も兄ちゃんに甘えてみたい。

兄妹故の厳しい現実もありましたけど、互いの葛藤がすごく丁寧に表現されていたと思います。兄はもういい年だし堅物ですからね~、ちゃんと大人視点でした。一方、史桜の「こんなに好きなのに、どうして妹としてしか見てくれないのか」とかね。

ここのルートは史桜の友達が大いに絡んでくる話になってます。う~ん、言っていいかな?俗に言うライバル的な・・・。さすがに史桜は悩んでいたけど、兄ちゃんはあまり気にしてないように見えたんだが・・・。彼の場合、史桜しか目に入ってないね(笑)このへんの話はネタバレでしようと思う。

兄役の平川さんについて。これは平川さん好きにとってはたまらんゲームなのではないかと思う。妹を大切にしている優しい兄・教師の厳しい兄・家ではだいぶズボラな兄。ちょっとずつ違う兄を味わえて私個人としてはかなり満足しています。でもやっぱり過保護な重度のシスコン兄が1番良かった(笑)ちょっとわざとらしいくらいのシスコン発言。これ平川さん、絶対楽しんでやってるだろ~と、聞いてて笑ったよ。

そして龍之介。はい、泣きました。これは多分プレイしたらほとんどの人がウルウルってくる仕様になっているのではないかと思う。これは恋愛というより、この島に伝わる桜にちなんだ切ないお話という感じかな。彼なりのやり方で一生懸命史桜の役に立とうとしている姿が本当に眩しい。

では、以下ネタバレの感想と攻略チャートを載せておきます。
次回はドラマCDの感想とまとめ。

続きを読む

ダ・カーポ~ ガールズシンフォニー その3

蒼・渓のエンディングを見ました。

ちょ、このアニキーズ・・・。
この2人の性格がわかってくると、弟達がほんとにマトモだと実感する。

まず蒼についてですが・・・。私の法則。

 蒼 = 自由人 

う~ん。蒼のルートは私にはムリだった。好きな人には申し訳ないが、先に謝っておく。他ルートではホントおもしろい人なのに、途中からだんだん腹が立ってきて好感度下がりそうな選択肢を高確率で選びました。そうするとエンディング見れないから、ちゃんと選びなおしましたけどね。でも終わりに近づいてくると、この仕打ちはメーカーの作戦なのかと思わざるを得ない。

そして長兄。なんなのこの人は(笑)とにかく彼のルートに入ってからシリアスムードになるまで笑いっぱなしだった。性格的に中途半端はキライらしく何でも本格的にやりたがる人なのですね。共通ルートで初めて家庭教師に来てくれた日、「途中まで送ります」を選択。送ってくついでに史桜は買出しに行くことになったんだが、何故だかそれについて来る兄。

品物を手に取ったら「やたらと手にとるな」と怒られ、買い物についてのレクチャー・・・?説教を受けた。彼は絶対アレだ!鍋やったら、ほぼ間違いなく鍋奉行と化す人物間違いなしだね。随所でイキナリ怒り出すから心臓に悪いよ。史桜も泣いていたが、私も『うわぁぁぁん!』だ。でも、お化け屋敷でポンポンしてくれたときは子ども扱いでも構わんと本気で思った(笑)

以下は蒼・渓のネタバレと、2人の攻略チャート。

続きを読む

ダ・カーポ~ ガールズシンフォニー その2

稜平・航平エンディング見ました。

いやー、実はゲームするまでは稜平は苦手なタイプだったのですよ。え?だって、常時無愛想・不機嫌で面倒なんだもん。彼よりの選択肢を選んでいくとおのずと仲良くなるんだろうな・・・って思っていたんだけど、意外に最初の方から親切にしてくれたりして驚きました。つうか、彼はメチャメチャいい人ですね。しかも四之宮家の家事全般をこなすらしく、兄弟の中では1番苦労してそうだ。

あと、航平ね。彼は一生懸命です。「ボクは史桜ちゃんが好きだーーー!」的なオーラが出まくりで、とにかくいじらしい。ほら、アレだよ。両想いになってハッピーエンドってワケじゃなくて、お付き合いしてみたら逆に不安は大きくなるもの的な、しょっぱい気分になりました(笑)あ~、このゲームは初々しいっていうか、確かに『はにかみ』だわな。

それと航平の好物はたこワサ、塩辛のような酒のツマミ系なのだそうだが渋すぎる。そうか、珍味が好きなんだ!

しかしこの四之宮兄弟・・・。
彼等がマンションに引っ越してきたのを見て、まず史桜が思った第一印象。

きらびやかな兄弟、だなぁ-

この4人が集まって話し出すと漫才を見ているようです。1っ上の蒼は素で笑える。1番上のアニキなんか財布扱いだしね(笑)兄弟の中で稜平はかなりマトモな部類なんだと考えを改めました。

では、以下四之宮ツインズの感想とここまでプレイしたネタバレ的な内容になってます。それと稜平・航平の攻略チャートも載せておく。(チャートが必要なほど難しくはないと思うけど参考程度に)

続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。