スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

薄桜鬼 その5

薄桜鬼終了しましたので、ドラマCD聞いてみました。簡単な感想です。

まず、桃のなんたら~の方(限定版に同梱されてたやつ)は・・・

ぶふっ!www

鬼退治ですね、わかります。  くっくっく~、プス。

じいさん→近藤さん ノリのいいかなり軽快なじいさん。ばあさんがあまりにつれなくて哀れ。
ばあさん→土方 これはかなりやさぐれたばあさんだね。仕方ないから付き合ってる。

桃太郎→沖田 ずいぶん飄々とした桃太郎だ。ばあさん曰く「桃人間」
犬→斎藤 忠実さを買われ犬に抜擢。
猿→平助 まんま猿っぽいからって(爆)本人は反論していたが。
キジ→左之 あまりもの。とりあえず酒をねだっているキジ。

そしてキビ団子じゃなくて、石田散薬を与えようとする沖田(笑)
斎藤は欲しがってたな、アレ。「万能薬だからな」とか言ってた。
左之に至っては「マユツバもんだからな、アレの効き目は・・・」って、あからさまに怪しんでるよ。
は、腹痛ぇ~(ヒー)

もはや感想になってないね。とにかく笑えた。ちょっ、もう1回聞いてこよっ!

そして、もう1個の予約特典CD。桃のなんたら~とは違ってシリアス風味でした。新選組としての初任務前夜。みんなの意気込みが語られています。今思ったんだけど、これゲームする前に聞いておけばよかった気もするよ。別に後でも構わないけど・・・。

私としては、このCDを最初に聞いておけば当初各々の性格や目的が短い時間で把握できると思うから。その上でゲームした方がすんなり入り込み易かったかな?と感じた。

●まとめ

PS2薄桜鬼

新選組の生き様やこの時代の厳しさなどはゲームしてて良く伝わってきました。ヨネ氏の絵はキレイだったし、オトメイトにしては頑張った作品だと思うんですが・・・・・なんて言ったらいいのか、私個人としては惜しいなと思う。もう一歩!そんなところです。あとフリーズは勘弁してください。平助ルート、風間遭遇地点で固まりました。

もちろんグッとくるところや感動できたシーンもあるんですが、私の中では淡々と進んでしまった部分が多々あり、強く心打たれたという感じが薄かったと言うんでしょうかね?あれ、またどっか見逃していたかな?うーん、ゲームの感想は個人様々でしょうから当然「良かった」「ダメだった」というのはあると思うのは重々承知してるんですが・・・・・。もしかして私は変なのだろうか。

それでも信念を貫き命を燃やし尽くした彼等の歴史はすごいと思います。まさに桜の花の如し。そんな中で1番好きなキャラは・・・近藤さんかな?


近藤さん・・・・・。


こ、攻略キャラじゃないのに!!いや、攻略できなくても構わないんだけど・・・上の桃のドラマCDを聞いて確信したね。こう・・・なんていうのか、めでたい人で喋らせておけばそれで癒される(失敬な!)とにかくね、人情味溢れてて大きい人。こう人だからこそ、近藤さんを立ててやりたいと思うみんなの気持ちが良く分かるよ。

この下はおまけ的な小ネタです。
フルコンプしたときの画像UPしてますんで、まだ見てない方は注意してください。

続きを読む
スポンサーサイト

薄桜鬼 その4

左之助・風間・ノーマルエンディング見ました。
これでフルコンプです。

新選組

LINさん、左之・・・・・良かった(´Д` ) ようやく恋愛ゲームが出来たと思います。

何故だかこの人だけ異色な感じがしたよ。他ルートでもそうだったけど、同じ新選組でもみんなが同じ方を向いているわけではないんだね。それと他のキャラがちゅー止まりなのに、彼はその1歩先へ踏み出していた。ちょっとこれは事件です。

あと、風間。どうしちゃったの、この人。不気味なくらいイイヤツじゃないかっ!今まであんなにやりたい放題だったのに・・・・・。でも、これが本来の彼のスタンスだったのかなと思う。

次回はドラマCDの感想とまとめになります。

では以下簡単なバレ感想。

続きを読む

薄桜鬼 その3

斎藤・平助エンディング見ました。

前回、土方と沖田でちょっと沈み気味だった私。けしてつまらないとかではなくて、エンディングを迎えても終始切ない匂いが漂っていたので少々不安になりながら斎藤ルートへ入ったワケですが・・・。結論から言うと、少し救われた気分になりました。・・・・・斎藤って、かわいいね。普段から口数少なく感情が読みにくいけど、こういう人が照れているところを見ちゃうと本当たまらなくなる。

照れる斎藤

↓ 平助を攻略する際見た笑えるシーン。これから島原に遊びに行くつもりが井上さんに見つかって素振りをするとするとウソをつく新八。そんな新八に関心した井上さんは、自分も素振りを一緒にやると申し出る。このときのみんなの顔!(笑)

・・・・・・・・。


       ・・・マジかよ。




そんな心の叫びが聞こえたような気がしました。
では、以下ネタバレの感想。

続きを読む

薄桜鬼 その2

土方・沖田エンディングを見ました。

1周目からメインキャラクターに特攻しました。特に深い意味はなく、順番に・・・。当然内容は重いですね。今2人終わった時点で『恋愛』という要素は少ないと感じる。まぁ、新選組っていう時点で甘いのは期待してないけど・・・。

特に土方ルートでは「武士とはなんたるものか」をかなり強く刷り込まれた感じがします(笑)にしても、みんなカッコイイですね~。イケメン揃いで・・・。特に戦うシーンはキレイなスチルと合わさるとすごい!

この作品が発表され詳細が徐々に明らかになるにつれて正直かなり心配だった私。オトメイトだからというより、新選組ネタで吸血行為っていうのがどうにも「えぇ?」って感じて迷っていました。だって『和』と『洋』の融合!みたいで、ちょっと無理がないかな~?って。

風間・天霧・薫

でも実際プレイしてみたら違和感なく新選組の話にうまく溶け込んでました。シナリヨ的にも今回オトメイトは頑張ったなと思う。あとはスキップをもっと早くしてください。スキップの最中に寝てしまいます。←おまいだけです。

これ以降は攻略した2人のネタバレ感想です。

続きを読む

薄桜鬼 その1

スラもり2が次のゲームまで持たなかったので、コレ買ってきた。
それでも月末までは持ちこたえそうにないかなぁ・・・。

薄桜記 限定版

絵がヨネ氏で気にはなっていました。
どうせ買うなら設定原画集見たいから限定版に手を出した。
これからプレイしにいくんだけど・・・・・私、歴史もんはさっぱり?なんだが大丈夫だろうか。


↓ 多分見てくれているであろう大熊猫さんに以下メッセージです(反転)
>大熊猫さん
ついに買ってしまいました、薄桜鬼。
もうプレイ終わってますよね?きっと・・・。どうでしたか?
実は大熊猫さんのブログに「買ったよー!」と報告に行こうと思ったんですが、私のコメント内容がかなり場違いな雰囲気のためこちらに書くことにしました。
今は何か他のゲームとかされているんでしょうか?では!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。