スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キミの勇者 その4

エンディングを見てスタッフロール後はメニューにギャラリーとエピローグが追加されました~。

いやー、それにしてもここまで約40時間。1つ1つの話はサクサクだけど、結構なボリュームがあって驚きました。しかも、クリア後は新しいダンジョンが追加され、さらにやり込みたい人は潜ってねっていう仕様なのかしら?

途中コカミに会いました。すぐ逃走しやがるので、経験値を貰えたことがない。
コカミ

そして潜ってきました、地下100階まで・・・。ここのでかスライムが強くてどうしても勝てん!
でかスライム

でかスライムの全体攻撃の後、スライムスタンプ?とかいう技を連続で喰らうと即死。現在メンバーレベル75ですが、何回かトライしたけど勝てないので諦めようと思います。ここまでくるのに疲れました。ここまで50時間越え。そろそろ次のゲームに行こうと思います。

それにしてもこれは結構良作RPGだと思いますよ。ストーリーもそこそこいいし、絵もカワイイ。仲間が多いから好きなキャラクターを選んである程度自分好みにカスタマイズできるし、攻撃方法もバリエーションが多い。

お店で買う武器や防具ですが、最初はケチって細々買っていたんですよ。でも、後半になるとお金がジャンジャン貯まりますので新しい街に行ったらケチらず強い武器を買った方がいいと思います。1番ありがたかったのは、レベル上げしなくていいこと。普通にストーリーを進め、ギルドの依頼をこなしていけばおのずとレベルは上がります。戦闘ではきちんとHP回復していれば、戦闘不能になることはありませんでした。

ストーリーは王道ですが、最後の方はアレ?と思っていた疑問がきちんと明かされますし、エンディングは結構切なかったりして、もし続編出たらやってみたいなと思いました。

エピローグ
スポンサーサイト

キミの勇者 その3

後半戦です。ギルドの依頼は全て終えました。
ギルドの仕事はお手伝いから魔物退治までいろいろあったけど、もっと数が欲しいな。
なんだかんだで楽しかったから。
そしてエンディングまで突っ走った!ED後の感想は次回のプレイ日記に。

いきなりですが、あの後すごい女の子が仲間になりました。
とりあえず問題発言と思われる画像を下に2枚UP。

リュネートのヲタ発言その1   リュネートのヲタ発言その2

えーと、彼女の戦闘服は自分で作ったようです。挿絵の機械ネルの衣装を作ったら、やっぱり自分で着るのかな?武器の心配をしているところをみると、小物系もちゃんと揃えないとイカンらしい(笑)あとは、主従を越えた関係(困)ここではタンゴとワンダさんのことを言っているようだけど、妄想が凄まじい。まさかこういうゲームでヲタキャラに出会えるとは思ってませんでした。

前回の日記でコカゾーについて書きましたが、まだ仲間がいた(笑)
コカジロー   コカサブロー

コカサブローはまだ1度も倒したことがないんだけど、このにわとりペンギンが可愛くて仕方ないよ。これってキミ勇のマスコット的存在だよね?(って勝手に決めつけている) キャラクターグッツを出してください(←でたー!)

さて、ストーリーに戻ります。ここから徐々にネタバレ風味になっていくのでご注意ください。



第19・20話あたりで魔王討伐モード。プレイしている自分も完全勇者になってますので、気分もノリノリで戦闘開始。ただ・・・・・このゲームは全25話から成り立っているので???でしたが、この後の展開から悪い予感。窮地にはいつもかっこよく助けてくれたグレイ。彼がどうして仲間にならないのか分かりました。バレになるから書かないけど、このゲームにしてはかなりシリアスな話でした。

魔王を倒した後、神の塔で神様に会いますが・・・
神様登場・・・

しばらくして最終バトルへ。

最後の戦いでは戦闘メンバーのレベルが51~52。バトル自体はさほど難しくなかったです。ここにくるまでに装備を整え、拾った星書を付けてダメージの強い星技(単体大ダメージ系)で攻撃。回復役は2人。アイテムもたんまりあるから星書つけなくてもアイテムでどうにかなるレベルですが、私は魔法で回復した。

私の戦闘メンバーはワンダさん・ティオ・シルク・ドランコ。シルク姉さんがとにかく強い!あと、ティオのちえを出来るだけ上げておいたので魔法攻撃・回復数値が優秀でしたね。覚醒コンボは発動して欲しいときになかなか出ないので、途中からまったく使用しなかったよ。覚醒コンボのリストも埋まってない。

ここからは完全ネタバレなのでしまう。

続きを読む

キミの勇者 その2

もくもくプレイ中ですよ。現在13話(全25話)です。半分くらいは進んだのかな。

ギルドの依頼も順当にこなしてますが、ここまでのプレイ時間を見てみたら約20時間。実際はもうちょっとやってますけどね。前回その1のプレイ日記ではワンダとティオの2人だけでしたが、今では7人の大所帯になりました。実際に敵とバトルするのは4人だけなので、この中から選ぶことになるんですが・・・。

照れるタンゴ   似た者同士

まったくどうしたもんかね。↑画像の右にいるのは3番目に仲間になったタンゴ。職業は錬金術師で真面目な性格。戦闘ではすごく中途半端で仲間が5人になった時点でスタメン落ちした。とにかくティオには口うるさくて、この2人が言い合いになると本当頭痛い。「また始まったよ・・・」と思うと、ワンダさんが至って冷静に止めに入ります。このゲームのヒロインはティオなんだろうけど、私が思うにティオとタンゴは結構お似合いだと思うよ。なんか似た者同士で。

それと第4話で一時的に仲間になったグレイという少年ですが、そっけないです。ツンツンしているクセに根はいい子。なんだかとってもお約束ですね(笑)キャラ紹介の絵を見てすぐに想像つきました。でもすっごく強いんですよー。タンゴがアレなだけに頼りになりました。黒くて長いマフリャーがかっこいいじゃないか!ドット絵のグレイがいいです。

グレイ再び

黒い彼は途中で脱退しますが、この間↑風の遺跡で会いましたよ。ここで仲間になるのかと思ったら、また1人でさすらいの旅にお出かけになったようです。残念。グレイはいったい何を探しているんだろうか?いずれまたどこかで会うのでしょう。

こんな感じでメンバーの個性が豊か過ぎて少々疲れている私。1番堪えるのはやはりティオとタンゴかな。ワンダさん、時々サラッとひどいこと言ったりするのでドキッとします。そんな中で唯一の癒しキャラが、↓の夫婦!

平和な夫婦

もはやヒトではありません!ドワーフ族のドランコ(左)は普段喋らず、代弁はネコの奥さんがしてくれます。この奥さんがとってもカワイイ。どこかのギルド依頼でマタタビに惹かれ、敵に捕まっていた奥さん(笑)ダメだとわかっていても我慢できないらしいです(笑)この2匹はとってもまともで、安心して見ていられます。あとは最近仲間になったフィジェ。第12話の風使いの話はちょっと感動しちゃったよ。

コカゾー

↑それと、このゲームにもはぐれスライム的な存在がいるんですね!その名もコカゾー。なにこのペンギンとニワトリの合体した容姿は(笑)姿も名前もカワイイじゃないか!倒せば経験値がたくさん入るけど、とにかく素早いのですぐ逃げる。私は普通に攻撃して倒しているんですが(星技が効かないから)、なんか他にいい方法あるのかな?例えば攻撃アイテムを使うとか・・・?

バトルは相変わらずサクサクで楽しいです。上級星技が決まると(ティオ入りで)かなり有利ですね。このダメージってステータス『ちえ』にだいぶ依存しているようです。あと第13話から、これとは別に『覚醒星技』のコンボリストが追加になりました。おお~!色々試してみよう!

ところで『勇者日記』なんですが・・・。
勇者日記
この『?????』は、もしかして2周しないと埋まらない仕様なのかな、やっぱり・・・。私、2周もやる元気はないよ。ストーリー中に出てくる選択肢で見られる絵が決まっているようので、途中のセーブからやり直してもう1枚の絵を見ています。あくまでも見てるだけで、そのデータで話は進めていません。ここの絵はとってもカワイイので見逃したくはないんだー!

さて、長くなってきたので今回はこのへんで区切ります。
最後に今週のワンダきゅん!
妖精と戯れるワンダ
夜の妖精たちと戯れるワンダさんです。その姿をティオが目撃中。
では続きに戻る。

キミの勇者 その1

やっと開封しました~。今回はソフまっぴゅで注文しました!

キミの勇者届いた!

ゲームソフトの他に複数の特典が付くとそれだけで嬉しくなれる私。おめでたい頭のようです。

1.プレミアムハンドブック星刻の書(設定資料集のような感じと外伝小説)
2.キミの勇者プレミアサウンドトラック(今聞いているけど5トラックで7分弱・・・短っ!)
3.キミの勇者ソフマップ特典テレカ(ティオの横にいる子は誰?ハイムでいいのかな?)

星刻の書はキラキラが眩しい。思っていたより内容が充実していそうだ。外伝小説はまだ読んでない。ゲームが終わったら読んでみるつもり。付いてきたサントラは1曲1曲がすごく短くて11/5に発売される2枚組みのサントラのサンプルですか?ってくらいです。もうちょっと長めに収録して欲しかったな・・・。ま、所詮オマケだからね、仕方ないか。

さっそくプレイ開始!プロローグが魔王とか星の勇者とか・・・いいね、王道で!!そして最初はティオ1人で始まる。あの・・・このゲームの主人公ってティオ姉さんなの?公式HPに行って確認してみたが、ワンダが本編の主人公になっているよなー。とりあえず先に進めよう。おぉっ、ワンダが登場したゾ!ケガをしているらしいので手当てしてあげた。

ワンダきゅんにケガの手当て

この後、勇者っぽい人を追って遺跡の内部へティオ1人で潜入。ところがこの勇者っぽい人は本物ではないようだ!ここで駆けつけてくれたのが、さっき表で会ったワンダだった!!(きゃーっ)

ケガはない?って・・・(*´Д`)


   ワンダきゅん!かわいい




戦闘後一緒に行動することになったのですが、ワンダと出会った後もダンジョン内で歩き回っている姿はティオたんです・・・ 私はワンダで操作したいのだが・・・。これ固定なのか?えぇー・・・主人公で操作したいよぉ。ギルドで依頼を受けるときもティオたん。依頼人とメインで話すのもティオたん・・・。彼女はかなり気が短いお嬢様なのですが、これをものともしないワンダきゅんはある意味すごいです。

まだそれほど数はこなしてませんが、最初の街で受けた依頼 『老魔女の野望』・・・なんでも若返りの薬に必要なスライム玉を取ってきて欲しいのこと。若返って恋したいんだってさ。ちょっ、ここの依頼ってこんな動機不純なモノもあるの?(笑)そして実際若返ったよ。

                    変身前 → 変身後
ギルドにて・・・婆さん変身前   ギルドにて・・・婆さん変身後

この後、婆さんは若い男と話してました。すごく嬉しそうだったが、私は複雑な気分だ。

・・・・・おっほん。

話は変わり、戦闘画面はこんな感じです。
戦闘画面

何が嬉しいかって敵キャラの姿が愛らしいこと。バトルはサクサク進んでいい感じです。仲間が増えてきたらコンボ繋げるので楽しみ!システム的にはRPGの王道といった感じなので、難しくないと思います。RPG初心者さんや、複雑なシステムが面倒って人にはいいかもしれないですね。あと私のように絵のかわいいRPGがしたいとか・・・(このへんは好みかな?)

かわいいと言えば、マーくんがかわいい!1番はじめ、ティオが試しの遺跡で見つけた子です。
マーくん

では続きに行って来る。今日はゲームするぞぉ~!

勇者に転職?『キミの勇者』

PS2薄桜鬼がもうじき終わってしまう!!ということで、次のゲームを探す旅に出た。

1日30分で勇者になれる!

どっかの教材にある宣伝文句みたいですね。
「気軽に遊べる本格RPG」ということで、忙しいけどRPGしたいって人にはいいかもしれない。
1話が30分程度、全25話+α。他やりこみ要素として50話のサブストーリーもある。ふむふむ。
これなら私も勇者になれるかな?って、←こう考える自分がある意味すごいと思う。

キミの勇者


       DS『キミの勇者』
       10/23発売予定




いや~、内容はオーソドックスなRPGで普通に魔法使いやら剣士がいるらしいいんだけど、とにかくキャラクターが可愛い!主人公・ワンダって、これ男の子なの?しかもネコ耳モードだよ(笑)しっぽはないの?
ワンダ
これ初回特典で『プレミアムハンドブック・星の刻&サウンドトラック』が付くらしいが、他にもお店によって描き下ろしのテレカや図書カード付くところもあるんですよ。で、さっそく見に行ってみたんですが・・・

・・・これ、エロゲ?

ちょ、あれ?「全年齢対象」だよね。絵柄がさ、どことな~くそういう雰囲気を醸し出しているかのように見えたんだけど目の錯覚か。ま~、エロでもショタでも可愛いキャラで手軽にRPGができるならやってみようかなと思いポチった。下のバナーは公式行きになります。

キミの勇者公式サイト

↓ PVです。ニコより。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。