スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鬼畜眼鏡 その2

本多×克哉エンディング見ました~。

現在、御堂と本多しかプレイしてないけど、本多×克哉はメインシナリオか?と思うくらい良かった。私としては克哉の過去が分かったところが大きいけど。月並みだが、克哉の過去はすごく切なくなって涙した。内容がというより、それを今になって思い出している克哉にだけど。詳細は「続きを読む」へ入れました。

は~、鬼畜眼鏡ストーリーがすごくおもしろいよ。ただ営業とか外周りなんて言葉を聞くと以前自分がしていた仕事を思い出す。メインは開発や顧客サポート的な仕事だったんだけど、営業不振の時は借り出されるワケですよ。商材が新規開拓用のモノ(ルートじゃない)だったんで、一斉ローラーとか1人で飛び込み営業したことがある。そんときのしょっぱい思い出が蘇っているゲームだな・・・(苦笑)どんなに頑張っても売れなきゃ何にもならないし。アレは体力・知力・人間関係が出来てないと勤まらない仕事だな。

話は戻り、ストーリー展開もいいしエンディング数も結構あるから攻略のしがいがある。御堂攻略は、エロにはじまりエロで終わる(笑)ような感じだったで、本多の場合はものすごく純愛っぽかった。

正直言うと、本多のような性格は少し苦手なのですが・・・このルートはものすごく存在感ある頼れる男でした。ああ、この人なら大丈夫かなって思いましたよ。本多ルートではMr.R×克哉もあって見所満載ですな。ところで・・・このMr.Rが1番曲者じゃね?彼が1番鬼畜だと思う(笑)では、以下ネタバレ含む感想です。



●本多×克哉(ノーマル)

御堂攻略時のときから思っていたんだけど、本多ははじめから克哉のことを意識していたっぽいというのは分かった。いつも彼を必要以上に心配していたし、ただ面倒見がいいだけってことはないだろ・・・ってくらい克哉のこと見てましたね。

それにしても、ここの克ちゃんは本当にエロいなーー!!資料室でのちゅーシーンと、目標売上げ達成後のホテルシーンね。あれ、もう誘ってるんかーーーって思うくらいの顔付きだったよ。女の私でもムラムラっときましたもん(笑)本人意識してないだろうけど、あれは天性の子悪魔体質だな。本多よく耐えたなー。彼を褒め称えてあげたいよ。特に資料室で「告白の返事はプロジェクトが終わってから!」と言ったところなんか、デカいワンコがおあずけくらってるみたいで笑えた。

あと克哉の過去。やっぱり克哉は優等生だったんだね。でも「みんなと同じことをしているだけだよ」と言っている時点で、イジメの対象になってしまうのはあっても仕方ないのかなと思った。しかも1番の親友だと思っていた子が率先してクラス中の子全てを克哉の敵にしてしまい、それを本人から告げられたのは卒業式の日。一生懸命笑いながらののしっていたらしいけど、克哉はそれを「辛そうで、今にも泣きそうな顔だった」と表現しているのに、ものすごい切なくなった。克哉の今の性格はやっぱりこれが原因だったんだねぇ。

自分の殻に閉じこもってしまった克哉を、本多が懸命になんとかしようとしている姿には心打たれましたよ。本多自身も大学バレーの件やああいった性格のせいで、ずっと負い目を感じ続けてきたわけですからヤツは本当に強い男だと思った。

本多×克哉

バイヤーズのあと1週間しかないっていう場面も 『お前とだったら、絶対やれる』 そう言い切った彼の言葉はすごい力がある。普通なら無理目なことでも、なんとかなると思えてくる。本多かっこいいな。ちょっとウザイやつ(←失礼)だと思っていたけど、男前だ。そして二人の想いが通じ合ったホテルでのシーンに泣けてきた。エロシーンなのに!!(/_<) ナケルネェ

最後に御堂から克哉へ「その暴れ馬を調教するのも君の役目だからな」のセリフに笑。

●Mr.Rについて

彼っていったい何モンなのさ。人間なの?って、まずそこから疑問に思うよ。御堂の時もそうだったけど、眼鏡を返した後も意味あり気なコト言って去って行きましたが・・・。また彼と会うことがあるんでしょうか。Mr.R×克哉シーンはスピリチュアルアタック責めだな・・・。彼が1番ヤバそうな人だと感じた今日この頃。
この記事へのコメント
コメントを書く
管理人にのみ表示
この記事へのトラックバック
http://zunwind.blog94.fc2.com/tb.php/157-02b04bd7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。