スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハートの国のアリス その3

バラ園エンド1&2見ました。バラ園のストーリーには、ハートの女王も絡んできます。しかし、この話はイベントが進むにつれて、だんだんおかしな気分になってきましたよ。この部屋にバラの花なんてないのに、ディスプレイから濛々と漂っているような錯覚になりました。あぁ、禁断の花園ってこんな感じなのでしょうか・・・ ←なんか危ない方向に進みそうです

そ、それでは以下、感想です。思い切りネタバレしてます。



帽子屋ファミリーのピクニックをやめ、ブラッドと二人で過ごすを選択したら、彼が世話をするバラ園に連れて行ってもらえました。ここは腹心のエリオットさえも立ち入らない特別な場所みたいです。そのころから、ハートの女王に何度か訪問していましたが、あるときそのバラ園にブラッドとハートの女王、ビバルディの姿が!!二人の会話で、昔からの知り合いっぽい感を受けたのですが、はじめは幼馴染なのかと思っていましたよ。何度かバラ園に来ているうちに、衝撃的な事実が・・・。二人は、

姉弟なんだってばよ!

あぁ、すみません。ちょっとナルト入りました。そんなコト匂わすような話あったっけ?しばらく止まりました。姉弟なのではと、鎌をかけたアリスってば、すごくね?どこでわかったの、アンタ。シナリオ回想してみたけど、わかんなかった。そうこう話をしていくうち、お二人にかなり気に入ってもらえたらしいんだけど、なんかだんだん危ない方向に行ってる気がします。

あの、倒錯的な世界ってどういう意味ですか?    辞書を引いてみた。
「ふつうの、または健全な状態にくらべて、さかさまになる(する)こと」
・・・・・・・・・・・・。
わかったような、よく理解できてないような、微妙です。

小瓶の薬がいっぱいになって、現実の世界に戻る前になぜか再度バラ園へ・・・。二人に別れの挨拶を、と思ったのかしら?でも、この人達ってやっぱり姉弟だね。基本的に「したいことを、したいときにする」が信条なので、元より帰すつもりはなかったみたいです。

バラ園エンド1では、ビバルディとお楽しみしてたら、ブラッドが舌打ち。そして、「・・・混ぜろ」
・・・・・・・・。もう、なんてコメントしていいのか、わかりません。しかも、ペーターは始末される話になってるし・・・(この世界に来たとき、アリスに口移しで薬を飲ませたかららしい)アリスはゲームの「賞品」となりました。

2は、選択肢をブラッドよりにしていくと見れましたが、この二人はすごいね・・・。アリスの意思は、完全に無視して話が進んでいます。1もそうだけど・・・。弟の「あまり帰りたいなどと言うと、酷いことをしてしまいそうだ」 姉の「わらわの技巧はすごいぞ?なんせ王室仕込みじゃ」・・・・・・酷いことって?すごい技巧って??


あ、愛されてるね、アリス・・・。愛されすぎて、なんか違う方向へ旅立ちそうです。このわずかに残る理性と、倒錯な世界にハマってみてもいいカナ?という不安定な感情を起こさせるのは、バラ園だからこそでしょうか。お見事です!いや~、アリスのゲームは本当におもしろいね。まだ、そんなにED見てないけど、他が楽しみだよ。
この記事へのコメント
コメントを書く
管理人にのみ表示
この記事へのトラックバック
http://zunwind.blog94.fc2.com/tb.php/16-285d8a37
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。