スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Bullet Butlers その6

ヴァレリアエンド完了!

スッタフロール後の展開に泣きました。すごく嬉しくて・・・。雪さんルートではギュスターヴがすっかり影に隠れてしまった為、恐らくヴァレリア編で登場かな?と待ちに待ってましたよ。途中ヴァレリアとギュスターヴの間になんかありそう・・・な展開ありましたもんね。

ギュスターヴVSリック

ヴァレリアはそこにいるだけで、癒されるというかもう可愛くて仕方なかった。雪さんのヴァレリアLOVEが炸裂してました。でも可愛いだけじゃなくて、すんごく察することのできる人ですね。素直で優しい子、そしてあの容姿。まぁ、雪さんの気持ちが分からないでもないかな。

後はネタバレしてるから格納。例の如く、ヴァレリア攻略チャートは載せておきます。それでは『行ってらっしゃいませ、お嬢様』?あ~、でもこのゲームの日記を読みに来てくださるのは男性の方もいらっしゃるのかなぁ。『行ってらっしゃいませ、ご主人様』のがいいのかね?



●ヴァレリアED

ギュスターヴがね、とにかく切なかった。彼は死ぬ間際で、やっと解放されたような感じがしたよ。彼の拠り所であるベアトリスは本来ならこの世には存在していないモノで、また彼女の此処に留まりたいという意思により更にギュスターヴの選択肢が狭まってしまったように思えます。しかも最悪なパターンでヴァレリアと再会。なんとも言えない気分でした。

それとこのルートではアルフレッドと共に戦うシーンがあってワクワクしながらプレイしてました。兄と一緒なら負ける気しねーぜぇくらいの勢いだったのに、ギュスターヴが人狼フレックジョルトから奪ったエメス・トラブレム”八つ裂き喰らい狂う牙”の「銃領支配」により不利になる兄弟。そしてギュスターヴの攻撃にアルフレッドがリックの前に立ちはだかり・・・

「うぎゃー、兄!」

ルダも叫んでましたけど、私の叫びのがデカかったと思う(恥)最後どうして自分を助けたのかという問いに「母さんの真似事をしてみたくなった」と答える兄。主人公がリックですからね、アフルレッドの思うところは分かりませんです。彼の内面をもっと知りたくなりました。次回のお嬢様ルートに期待。

ヴァレリアルートの選択肢で過去の記憶を掘り起こしてみたら、あらビックリ。エルネスタさんとリックの情事が・・・。今まで見たみたエチシーンの中で、私はこれが1番エロかったと思う。まずエルネスタさんの躯とリックの危うい幼さ(笑)当然過去の出来事ですけど、はじめは「あぁ~リックが喰われていく~」って感じだったにょ。でもなんだか、リックが一生懸命で可愛かった。時々彼の小さい頃の絵が出てくるけど、むちゃくちゃカワイイですね。

リックはエルネスタさんに会えて本当に良かったと思う。というか、ランド様やお嬢様、そしてその先に出会えた人達が彼にとって1番の幸せだったのではかなと。兄の方はどうだったんだろう・・・兄はそういうのに気づけているんだろうか。シド邸がどんなところなのかは分からないけど、むしろそういった対象がいたのかどうかも怪しい。兄に関しては大事な部分が欠落しているような感じにも見える。

ヴァレリア300年後・・・実を言うと、ここまで彼女のその後が見れると思ってなかったからすごく嬉しかった。種族の寿命の違いはどうしようもないもんね。ヴァレリアはずっと気にしていたからどうなるのかな?と思ってたんだけど、最後は大切な人たちと再会、そして何より愛するリックの元に戻ってこれました。リックの優しそうな顔が忘れられない。

リック×ヴァレリア

そういえば・・・あの時教会でリックと一緒に蒔いた星花の種はどうなったのかな。

●おまけ
ヴァレリアルートで見せた雪さんの笑えるシーン。
↓ セルマに友達と言われた雪にヴァレリアが嫉妬したことを知り喜ぶ雪さん
鼻血の雪さん

↓ リックとラブラブなヴァレリアに耐え切れなくて拗ねる雪さん
いじける雪さん

●ヴァレリアチャート

ヴァレリアについての話題を振る
    ↓
セルマの部屋へと向かう
    ↓
セルマの元へと向かう
    ↓
ヴァレリアの思いは間違ってない
    ↓
聖紋を継承すると思う
    ↓
ヴァレリアの後を追う(ヴァレリア攻略後出現?)
    ↓
トリスアの森を捜す
    ↓
過去の記憶を掘り起こした → エルネスタさんと・・・
慌てて頭を振り払った

最後の選択肢はどっちを選んでもエンディングに辿りつきます。
この記事へのコメント
コメントを書く
管理人にのみ表示
この記事へのトラックバック
http://zunwind.blog94.fc2.com/tb.php/168-70283fb7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。