スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鬼塚ツヤコ『ご主人様と犬』

このあいだ買ったマガビー10月号にこれのマンガが掲載されてたんですが、ノベルの方も読んでみようと思い購入しました~。マンガの方はここに出てきた浅田先生と大庭の話だったんだ、そーか。

鬼塚ツヤコ『ご主人様と犬』

上総に拾われた犬のタイラ。この犬が人間になったり、犬に戻ってしまったりとなかなかスリリングな話ですね。しかも上総はタイラの正体は知らない。タイラは自分が犬だとバレてしまえば、上総に嫌われてしまうと思っているので、人間時しつこく正体を聞かれても本当のことが言えません。

このタイラが健気で健気で。もとは犬なので基本的には主人に対しては忠実。互いが想いあっているのは十分伝わってくるんだけど、やっぱり犬なのでエッチはするけどそれ以上に(どれ以上?)進めないのがもどかしい。なんで、タイラが上総を追いかけて迷うシーンがしばらく続いたときは、やっぱり犬と人では無理なのかな・・・という考えが脳裏を掠めた。

ところで守と竟輔はどうなったの??
この記事へのコメント
コメントを書く
管理人にのみ表示
この記事へのトラックバック
http://zunwind.blog94.fc2.com/tb.php/217-60ef82de
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。