スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピンポンパールは難しい

ピンポンと琉金の水槽を分けて数日後、新しいピンポン2匹と琉金を買ってきました。
↓左がトロ(とろいから)右は横綱(妙にツヤツヤしてて元気)流金はアカチンと命名

NEWピンポンパールNEW琉金赤

アカチンは琉金日の丸がいる水槽へ。この2匹は同じ店で買っているのですが、顔見知りのハズです(日の丸を購入した時アカチンがいたので)そして、どいういうワケだかものすごく仲がいいように見える。互いをつんつんし合い、寄り添っているコトがすごく多いです。とにかくこの琉金達は凄まじく元気。一方、ピンポンパールは・・・。

どよ~ん・・・

ピンポン衆

琉金に比べておとなしい・・・。それでもビリー隊長(左)と横綱(中央)は比較的良く泳いでいて元気だったのだが、この後とんでもない事態に発展するのであった・・・。

翌日、あきらかにトロ(右)の元気がない。環境に慣れてないから元気がないのかな・・・と思っていたらその次の日に死んでしまいました。体には小さな赤い点々があり、病気にかかってしまっていたのでは・・・と思っていた矢先、今度はビリー隊長のエラ部分が赤くなり、逆のエラからは白いモヤモヤしたようなものが出てきてます。水槽から出して塩を薄く溶かした水につけてみたのですが、進行が思っていたより早くその日のうちに亡くなりました。

↓左はトロ。思うように動けなくて横たわってます。右は隊長。エラが赤くなってます。

斜めのトロエラが赤くなってしまったビリー

新しく買ってきたピンポンにより感染したのか、水質が合わなくストレスか?水槽内が細菌だらけだと横綱も危ないと思い、この後水槽丸ごと洗いました。そして、横綱も元気がない・・・。時々ゆっくり泳いでみたりしてますが、ほとんど下で動かずじっとしてます。今のところ体には変化がないのですが、横綱↓も病か???塩水した方がいいのかな?金魚の病気に関しては初心者です。ネットや本で色々調べてみることに。

横綱

ピンポンパールって、ものすごくデリケートなんですね。私が小さい頃飼っていた(世話は父がしてた)金魚は今思うと、ぶっちゃけかなりぞんざいに扱われていたと思う。水換えほとんどなし、水槽が緑になって中が見えなくなるまで掃除はしなかったし、寒冷地なのに玄関に置かれている水槽にはヒーターすらなかった。そしてピンポンはいなかったけど、90センチの水槽に色んな種類の金魚がいて10年以上生きてました。体もデカく、ほっぺたが両方ふくらんでいる金魚もいましたが、どの子も死なず仲良く元気でやってました。これでよくみんな生きていたな・・・と今になると思えるのですが、当時はそれくらいの世話でも生きていかれるくらい、金魚ってタフなサカナだと思ってました。

飼ってきてすぐに死なせてしまったピンポンに対しては、私の世話や対応が悪く申し訳ない気持ちで一杯なのですが、かなりデリケートな金魚なんだと改めて認識。ピンポンの丸いところや、ピクピク泳ぐ姿はすごくかわいいのですが、ここ数日かなりの気を遣いすぎ(ただ心配してただけだが・・・)ちょっと疲れてしまいました(←ピンポン飼う資格ないかもな・・・と落ち込んでいます)横の琉金の水槽内は常に動きがあるのに、ピンポン水槽はよ~く見ると下でじっとしてる。生き物を飼うというのは大変なことですが、これほど上手くいかないとは考えてもみませんでした。今は横綱をなんとか元気にさせたいです。

↓トロの写真。この子は口の合わせがおかしくブサイクな顔です。でもカワイイ。

トロの正面

この記事へのコメント
コメントを書く
管理人にのみ表示
この記事へのトラックバック
http://zunwind.blog94.fc2.com/tb.php/243-d105456c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。