スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

星色のおくりもの その6

鳴滝宗哉ED見ました。

あの~、このシナリヨ。好きな人には申し訳ないのだけど、私はすっごく凹んだ。ちょっと自分の求めてると違っていたので正直イマイチでした。すみません。ラストはちゃんと先生と一緒になれるけど、その過程があんまりで乗り遅れたっていうのもあるし、いくら辛い過去があるとは言え涼子という人物にも閉口。とりあえず他所でやってください、という気分に陥った。

愛の泥沼旋風脚。

やっぱり先生には学生トリオとは違う、大人であるところをもっと表現してほしかった。授業中の先生や進路相談に乗ってくれる先生。1度は村を出て色んな経験をしてきた先生。基本的に性格は優しいんだろうけど、それだけではない苦い部分も教師、あるいは人生の先輩としてもっと上手に諭してほしかったよ。でもこれって逆に、優しいところ・暗い部分も全部宗哉兄なんだということを理解してあげなきゃっていう内容なのかしら?私の心の狭さがバレるっつーの。

ちなみに平川さんが先生っていうのは良かった。あの声で私も授業を受けてみたいもんだ。

余談:宗哉先生と話してると、どうしても「ひめひび」の柏木林斗先生を思い出してしまう。もしかして同じ属性なのでしょうか。

これ以降ネタバレな内容も含みますので、しまっておきます。
(あんまりいいことは書いてないけどそれでもよろしい方はどうぞ)


先生に重い過去があり、それに深く関わっている涼子にも酌量の余地はあるけど・・・まず先生の豹変振りについてかれなかった件。人のことを子供だと言う前に、まずその態度を改めよと物申したい。彼はワザと嫌われようとしてたみたいだけど度を越えているように感じる。そして涼子に散々悪態をつかれ、もういい加減になさい!な気分になりました。湖の事故も「巻き込まれた」という思いの方が強い。テレビの中の主人公は懸命に頑張ってましたが、私は完全に出遅れた。

つうか、私が先生に期待し過ぎていたのかな?このルート感想だけかなりの辛口だし。他のメンバーがいいシナリヨだっただけにちょっと残念です。内容がアレだから仕方ないけど、涼子の絵はあんなにいらないよ。あたしゃ、もっと先生と一緒にいる絵が見たい。

宗哉先生

あと先生がいつから桜衣を恋愛対象として見るようになったのがよくわからなかった。いくら小さい頃から知っているとはいえ、誠悟とかと同じってワケではないと思うし。自分がウソで塗り固められてると感じているなら、桜衣のことは相当やっかいな存在だっただろうね。大事なものほどメチャクチャにしたくなると言っていた気持ちは分かるような気がする。

あ・・・今になってちょっと切ない気分になってきた。
この記事へのコメント
コメントを書く
管理人にのみ表示
この記事へのトラックバック
http://zunwind.blog94.fc2.com/tb.php/285-3bf46f46
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。