スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

星色のおくりもの その7

『星色のおくりもの』フルコンプです。

4人エンドの他、誰ともくっつかないノーマルエンドを迎えシナリオ回想全部埋まりました。プレイしてみるまで正直あまり期待してなかったのですが、おもしろかったと思います。音楽が素敵で同梱CDがサントラでも良かったと思える程です。特典の告白ボイス集も聞きました。内容は各キャラエンド後の2人ってところですね。短かったけど結構甘くて好感持てました。前回先生のエンドについて散々書いたけど、コレ聞いたらなんだか先生に申し訳なく思えてきた。先生ごめんちょ。

残念だと思えるのは攻略できる人数が少ないかな~?ということですかね。私はこのゲームに感動しましたので、もっとプレイしてみたかったです。たまにちょっとくどいかな~とか、この会話は必要なのか疑問に思う点もありましたが、スタッフロール後はエピローグもちゃんとあって全体的に丁寧に作られている感じを受けました。あとね、スキップが恐ろしく早いよ。操作間違えて未読もスッキプしてしまったことが何度もあるんだけど、バッグログにはかなりお世話になりました。

おくりもの

まさに「甘く、切なく、ほろ苦く・・・」でした。
この時期、空気が澄んでいるので星がキレイでしょうね~。
長い夜遊ぶにはちょうどいいゲームかもしれないです。
TAKUYOさん、ありがとう。

以下、拍手レス(反転)です。

>星さんへ
はじめまして、こんばんは(*^O^*)星さんのコメント頂き、私だけがそう感じたワケではないのだ・・・と安心しました。なんかそこだけすごく惜しい~と感じます。(他が良かっただけに)しかも先生自身はすごく好きなのに余計にショックだったのです。もう少し大人の対応してほしかったですねぇ。(←また爆弾発言。控えなさいって感じですよね、まったく・・・)またお暇でしたらブログ覗いてみてくださいませ~。ありがとうございました。
この記事へのコメント
コメントを書く
管理人にのみ表示
この記事へのトラックバック
http://zunwind.blog94.fc2.com/tb.php/287-6755929c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。