スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Cool-B Sweet Princess 2008年 Vol.2

コレ ↓ 買いました。

Cool-B SweetPrincess Vol.2

付録DVDに平川大輔さんの出張版トークがあるっていうんで、それだけの為に買ってしまった。約40分のトークなのですが、前半は「クローバーの国のアリス」のゲーム紹介や、自身が演じているエースについて。アリスは「ハート」ときて今回「クローバー」が出ているワケなのですが、やはり「ダイヤ」「スペード」と、出来れば4部作にしたいということで、それを見越して作られているらしいです。私は「ハートの国のアリス」をおもしろいと感じたので続編が出るというのは嬉しいです。

ただ・・・続編というのはどうしても前作と比べられてしまうし、後に出した方が前作を上回らないと厳しいんではないかと思います。今現在クローバーに手をつけていないので分からないのですが・・・それよりもっと別な次元で騒ぎ?になっているようなので、今後もアリスを続けていく予定であるならば発売前にある程度まともにプレイできる環境を作って欲しいと思います。私は何ヶ月も前から予約して購入しました。買ったからには楽しんでプレイしたいと思ってますが、今後もこのようなことがあるとかなり不安です。

現在ゲームの修正パッチは2007/12/29が最終更新のようです。
最新のパッチを当てれば正常にプレイできますとなっているので、その言葉を信じたいと思う。

話はそれましたが平川さんのトーク後半は、寄せられた質問に答える形式だったのですがコレがなかなか良かったです。彼の様々な体験談や、本誌の発売が12/25だったということもあり小さい頃のクリスマスの思い出などいろいろ・・・。結構楽しんで聞かせて頂きました。中でもコンビニで買い物の話はウケた。

付録DVDには壁紙もあったのですが意外にたくさんあって驚きました。ユリウスの笑顔が眩しかったぜ。クローバーでは登場してないので、ちょっと残念。今回の『Sweet Princess』は、まさにQuinRose大特集でした。誌面にも平川さんの写真つきインタビューあります。

他気になったのは『三国恋戦記~乙女の兵法~』というゲームが紹介されてたんですが、これがスズケンさん+トムさんのアリスブルーコンビで驚きました。何がって、乙女ゲームに参入するところが。BLでは色々出てましたね。キャラ紹介で「頼れる兄貴分」の玄徳が一瞬俺下の壱哉さまに見えました(笑)

それと今年の4月に発売された「プリンセス・ナイトメア」がPS2化。やはり・・・きましたか。しかもチェシャを攻略対象にしてくるなんて・・・。PC版ではチェシャのエンドがあったらな~と思っていたので気になります。あの・・・プリンスとムラサメ博士は攻略できないの???

「遙かなる時空の中で4」が2008年3月発売予定。多分「遙か」は買っちゃうだろうな・・・。マップ&戦闘画面が2D→3DにバージョンUP、ファミリーマートだそうです。する必要があるのかは分かりませんが、ようやくイマドキの装いになってきたのかなと思います。「遙か4」の位置付けはシリーズ原点のお話となるようです。時代的には1番古いってことになるんですかね。

それにしても乙女ゲームの勢いはスゴイ。数少なかった時代を考えると、今はそんなゲームを選べるワケですから。(←いったいいつの時代の人ですか)
この記事へのコメント
コメントを書く
管理人にのみ表示
この記事へのトラックバック
http://zunwind.blog94.fc2.com/tb.php/339-2469665a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。