スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦国BASARA2 2巻

BASARA2の2巻買いました。
あれ?コミック購入は自粛するんじゃないの?

戦国BASARA2 2巻

上杉VS武田なのですが、この両者を取巻く者達がそれぞれの意思を持ってこの戦に臨んでます。そこらへんがよく描かれていておもしろかったです。この戦いは思わぬ結末を迎え一瞬「えっ!」な感じでしたが、この先がすごく気になります。

2巻の表紙は幸村なのですが、彼は前田慶次と対峙。慶次に「戦よりもっと幸せなことがあるじゃねぇか・・・たとえば恋とか」に凄まじく反応している幸村が可愛い。「はっ、ハレンチな!」って顔が真っ赤だよ(笑)

灰原氏の絵はキレイでダイナミックですね。展開も早いのであっという間に読み終えてしまいました。これから登場する人物も多いと思いますので、こうなるのは仕方ないのかな?この戦いの裏で他の武将らが水面下でこんな風に動いていた!みたいな伏線とかが入ってくれば尚楽しめると思うのですが・・・。1巻同様、なんだかもったいないように感じる。個人的には長期連載にしてじっくり読みたい気分です。

ちなみに私はあんまり歴史は詳しくないし苦手です。過去は振り返らず、今を生きる人なので(←単なる言い訳)でもBASARAは好きだよ、おもしろいです。3巻に続く。
この記事へのコメント
コメントを書く
管理人にのみ表示
この記事へのトラックバック
http://zunwind.blog94.fc2.com/tb.php/401-73ff74d5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。