スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テイルズオブデスティニー ディレクターズカット その7

リオンサイド終了しました。
がっつりネタバレしている感想ですのでご注意ください。


グレバムのおっさんを倒すところまではほぼスタンサイドと同じ。ただリオンが単独行動しているところはリオンサイドです。当たり前か。このリオンサイドはパートナーであるソーディアン、シャルティエとの友情が描かれた作品だと思いました。またスタン達との旅は彼にとって大きな影響を与えたものだったと実感。

リオンとシャルティエ

天地戦争を再び起こさない為に造りだされたソーディアン。その中でもシャルティエは若く、ディムロスたちとはどこか距離があったように見えました。本人も彼等のことは親友と言うより戦友だと言ってましたしね。そして以前彼がアクアヴェイルで処刑用の剣として扱われたというのはスタンサイドで明らかに。そんな過去を持つ彼のマスターとなったのはまだ小さいリオンだったというワケなのですね。

このふたりが話しているときはソーディアンとそのマスターというより本当の親友のよう。シャルティエがすごく楽しそうだ。いつもふたりで何でもやってきた、こういったシーンを見ているとソーディアンとしての使命よりもリオンと最後まで共にありたいと望んだあの最後のシーンもうなずける。

終わらない悪夢

グレバムのおっさん後はリオンのオリジナルストーリーが少し。その中マリアンからの言葉で、彼が今までのしがらみから解放され自分の道を歩もうとした矢先あの末路を辿ることになるわけです。ほんとに最後の最後まで運命に翻弄されたという言葉がピッタリの少年でした。

結局ルーティがなんで孤児院行きになったのかは分からなかったよ。それにしても久々に長時間RPGしましたが、このテイルズは本当におもしろかった。シナリヨもそうだし、バトルシステムも工夫されてて楽しめたと思います。
この記事へのコメント
コメントを書く
管理人にのみ表示
この記事へのトラックバック
http://zunwind.blog94.fc2.com/tb.php/430-01e44527
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。