スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

咎狗の血 True Blood その1

狗が昨日届きました。

咎狗の血 True Blood

すんげーな、なんかいろいろ入ってて。ゲーム開封する前に同梱の冊子を見てしまいました。子供時代のみんながかわいくて仕方ありません。どうせならぐんじぃやキリヲくんのも見てみたい。今、ちょっとだけ想像しちゃったんだけど笑える。プスッ。CDが何枚もあるけど、これはゲームが終わったら聞いてみようと思います。


さて・・・とりあえず1周目でリンのエンドを見ました。PC版したのが何年も前のことなので、いろいろ思い出しながらのプレイとなりました。1度やってるので話の流れもわかりますし、印象に残っていたシーンなんかも懐かしくなりました。が!!PS2になって明らかに追加されているシーンならまだしも、これPCにあったっけ?のような場面が何度かあり(要するに忘れている)、それについて語る自信がない。

あとね・・・途中で猛と逃げるところ。右に行くか、左に行くか?とかいうのね。PC版ではここでBADがあった気がするんだが、なにこれ。もしかしてなくなってるの?ぐんじぃとキリヲは出てくるけど話だけで次のシーンへ・・・。と、いうことはエンディングの数減っているんでしょうか。それとも別に何か用意されているのかなぁ?このエンドがどうのってワケではないけど、グンジィとキリヲは好きなのでちょいと残念。さすがにあのシーンはなくても、どういう風に変わっているのか楽しみだったのに。まーーーね、それでもやはり咎狗はおもしろいよ。

ではリンの感想に。登場人物にカズイが紹介されているので、いつ出てくるのかな~と楽しみにしてました。当然回想なのですが、リンがまだ仲間と一緒にBl@sterに参加していたころのシーンです。コレ、言ってもいいかな・・・?うーん、やはり以降はたたんでおきます。

カズイが思い切りまともな人で驚いた。

PC版でトモユキはかつてリンのチームにいた仲間だったと認識してから、みんなこんな感じの人なのかと思ってました。だからと言ってカズイがイコールにはならないけど(見た目も優しそうな人だし)。だからなんでここにいるのかな?と疑問に思った。その理由はゲーム内も語られていたけど、それだけじゃないよねぇ??つうか、この時点で2人は既にそういう関係だったのかな?

それにしてもトモユキ。え?彼はあんなにカワイイこと言うキャラだったの?今も昔もリンと一緒にいたいんだね。この3人のシーンを見てたら『あ~、まだこの頃って幸せだったんだな』としみじみ思った。


このルートでは、散々行き詰っているアキラをさり気なく助けているリンに、自分のコトを信じろと言い切るアキラのような関係がすごく好感持てた。最後自分にけじめをつけたいからとアキラの元を離れますが、そもそもは仲間思いの非常におっとこ前なリンだった!

リンたん

PC版ときから思っていたんですが、リンの凄まじい成長ぶりにビックリです。これではアキラもおちおちしてられませんね(笑)やっぱり彼は永遠に受け体質なのだろうと思わざるを得ない瞬間でもありました。
この記事へのコメント
コメントを書く
管理人にのみ表示
この記事へのトラックバック
http://zunwind.blog94.fc2.com/tb.php/470-523aad00
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。