スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遙かなる時空の中で4 その7

全てのサブキャラを攻略しました。

サブキャラの前に「風早先生もうひとつエンド」に行きたかったけど、やり直す章が多すぎたので先にサブキャラから特攻しました。それにしても・・・さすがに多いよ(笑)10人?そうそう10人。中には2人でワンセットもあったけど、とても1人につき終章繰り返しは辛いので、同時攻略できる人は全部一緒にプレイしました。サブキャラの中でハードル高いのはナーサティヤですかね。私の場合ここまでくると千尋サイドのレベルがかなり高かったので、3章でアシュ・サティのバトルはそれほど苦労しなかった。

布都彦+柊+(忍人or那岐)あたりでどうにかなるんではないでしょうか?この2人のどちらかで戦ってみたが特に問題なく勝てた。(忍人→攻撃力高・那岐→霊力高)2巡目までは術「白虎」でその後は状況に応じて攻撃か術だったかな・・・。ちなみに私の属性は火です。メンバーのレベルはほとんど4~5でした。L1ボタンで各キャラへの指示は「全力で~」をお忘れなく。これで余計なマネは防げると思う。

攻略サイトさんで知ったのですが、ナーサティヤの天秤を全て傾けた状態でアシュヴィンの終章をやりなおすと展開が少し変わり一緒に戦ってくれる場面があるということなのでそっちもプレイしてみました。これについてはネタバレの方でコメントしてます。

プレイされている方ならご存知だと思いますが、各キャラのエンディングを迎えると大団円の書が追加されます。もちろんサブキャラも追加されていますので、見逃さずに見た方がいいですよ。じ~んときたり、ほんわ~な気分になりました。個人的にリブがオススメ(一部登場してないキャラもいます)

それでは以下サブキャラの感想になります。

●岩長姫
姫というよりだいぶ豪快で勇ましいお方だが、彼女のイベントではじ~んときてしまいました。たくさんの弟子をお持ちのようだが、自分より若い弟子が命を落としていく様をどんな気持ちで見ていたんでしょうかね。千尋に言った『生きぬいておくれよ』という言葉にはかなりの重みを感じた。

●大伴道臣
彼なりの正義がある。周りから反感買っていた場面もありましたが、布都彦を見て影響された模様。正直言うと、もう少し頼りがいがあると嬉しかったけど、これはこれで。

●足往
やんちゃ系。まだ小さいのにエラい子。忍人さんに憧れているらしいが、あまりクールにならないようにして欲しい。次の狗那を担うのはおまいだ!やっぱり将来はあの大きな犬の姿になるんだろうか。

●夕霧
なんとなくそうかな~って思ってました(笑)それにしても彼はいったいどこの国のどういう人なんでしょうか?是非文官姿も拝見したかった。

●皇(ラージャ)
ぬおおお~。これこそが大団円じゃないの?しかもそのきっかけを作ったのは、まだ小さい息子なんて・・・。千尋がラージャを救う場面が非常にかっこよくて感動しました。

●ナーサティヤ
過去、橿原で千尋をそのままにしたのはどういう了見なのでしょうか?彼は後に二ノ姫を生かしたことを罪だと言ってましたが、このときはここで殺しまったら忍びない!と思ったんでしょうか・・・。千尋の記憶を消したようだけど、単に忘れさせてどこかで生き延びて欲しかったのか、それともいずれ彼女が戦まみれの世の中を変えるときがくるかもしれない可能性を思ったのか・・・。エンディングでは生きているような終わり方でしたが、ナーサティヤの考えていることはよくわからん。
ナーサティヤ

この後アシュヴィンの終章を再プレイしてみました。最後のラージャとの戦いで参加可能です。実際選んで戦わせてみたけど弱い。父が苦手属性なのもあるのか与えるダメージが11って・・・。そして数ターンで戦闘不能に。シナリヨの変更点はサティを倒した後、彼も協力してくれるという話になりました。サティ好きな方はお試しあれ。

●シャニ
この年から女性の扱いに長けているのってどうよ。それにしても彼の書いた日記が事実になるとは・・・。彼は既定伝承を記す人なんでしょうか。

●リブ
茶屋マスターリブ。
茶屋マスターのリブw

それは冗談ですが・・・いいですね、こういう人は。飾らず、自分の気持ちに嘘をつかない。でも千尋のことはちゃんと心配してましたし、助け舟出してみたりと結構気もきく。今度はもう少し人のためになるものを作ってみたいと言っていた彼が微笑ましい。大団円の書ではさりげなく千尋に告白してます。サブの中では1番好きキャラになりました。

●ムドガラ
自分に甘えず責務は果たす人です。でも人に対する優しさはちゃんと持っている。うおおおー。男の中の男だな!かっこよすぎ。ラージャとの戦いで絶対死亡フラグ立っていたのに蘇ったよぉぉぉ。

●カリガネ
顔で会話をする人です。口べたなので必然的にそうなってしまうのですが、これだけ喋らなくても意思が伝わってくるのはある意味才能だと思います。今後も料理、精進してください。
この記事へのコメント
コメントを書く
管理人にのみ表示
この記事へのトラックバック
http://zunwind.blog94.fc2.com/tb.php/501-4e0582b2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。