スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソラユメ その2

山瀬君(幼なじみ)のエンディングを見た。

とにかく初々しかった。恋愛に関してはおまいら中学生かよっっ!てくらい(笑)いや、まてよ。最近の中学生はもっと落ち着いているのかな?でもさすがは幼なじみ。皐月のことはよく見てる。というか、彼は他人の変化をよく察知していて、なかなか鋭い部分もある。直球すぎるけど、懐の深いいい奴。

さて、勇人狙いでももちろんルーエンは皐月と同居している。どうやら彼はテレビが好きで、何かと影響を受けやすいらしい。この間『日本軟体動物』特集を見ていたら、突然 「オウム貝が飼いたい」 とか言い出して参った。何がそんなに彼の心を刺激したのか全くわからん。いつもは口うるさい父親のようだが、ふとしたときに子供のようなコトを言い出したりするところがカワイイ。

では、以下勇人のネタバレ。

●勇人君

前回の感想にも書いたが、あまりにも鈍すぎる皐月に呆れた(笑)まず勇人狙いで進んでいるのに彼の誕生日をすっかり忘れ、彼の口から実は今日誕生日なんだと告げられたこと。そして初回プレイ、かなり前の段階から この私でも 気づいたのに、親友の鈴菜が水窪君を好きだということを勇人から聞いて素で驚いてたところ。いやー、なんとおめでたいというか。それが彼女らしいと言えば彼女らしいが・・・。

勇人

勇人の家系はこのゲームをプレイしている姐さんなら知っていると思うからここではカット。お互い相手のことを想っているが故にすれ違ったり、勘違いしてみたり・・・まぁなんてもどかしい2人でしょうか。でも勇人がすごくかっこよかった。自分にしか出来ない事をよく理解していたし、そして意外に先を見通せる人だった。ちょっと失礼ですかね?w

寂しくて1人にはなりたくないと言っているヘリオトロープ所持者の謎の少年(一応ここではユウトということにしておこう)に自分の半分を貸してやると言った勇人にめちゃくちゃ感動した。そりゃ、あの子だって心打たれるよ。 「俺たちが絶対お前を忘れない」 という言葉にユウトは救われたのかな。
この記事へのコメント
コメントを書く
管理人にのみ表示
この記事へのトラックバック
http://zunwind.blog94.fc2.com/tb.php/506-8e5c5a23
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。