スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソラユメ その4

餘部先輩(天文部)のエンディング見ました。

ルーエンのときからずっと不思議だった餘部先輩。時々体が透けていたりして、彼もこの世の理から外れた存在なのだろうかと疑問に思っていたのですが、いよいよ正体が明らかに・・・。

たま~に出てくる暁兄の黒い部分。顔も黒い。
黒暁兄

あのルーエンすらも手玉に取るくらいだ。相当な修羅場を潜り抜けているに違いない。暁兄は店番やご飯の用意など、皐月にとっては頼りになる優しい従兄。ただ時々ルーエンと暁が、口うるさい父親と世話好きな母親に見えて仕方ない。

そしてそんな口うるさい父親が今度は 「ウェディングケーキが食べたい」 と言い出した。
あぁ、またテレビを見たのか・・・。

では餘部先輩のネタバレ。

●餘部先輩

神降臨!

人ではないだろうなとは思っていたけど、まさか土地神だったとは!!500年程前の話をしていたけど、気の長くなるような時間を過ごしてきたんでしょうね。ここに住む人たちのことをずっと見守ってきた存在のようです。神社ではお参りに来る人の願い事を聞いてあげるだけ。実際願いを叶えてあげるのは禁忌らしく、少々退屈な日々を送っていたようですが皐月の出会いによって彼の運命も大きく変わることとなります。何かにつけては皐月にお菓子を薦める先輩(笑)彼女がまだ幼い頃にした願い事を、今この時になってまで叶えてあげようとしている姿が微笑ましいよ。

餘部先輩

このルートのシナリヨはおもしろかった。餘部先輩がどれだけ皐月のことを気に掛け、自分の存在をなくしてまでも助けたいと思ったところがすごく丁寧に書かれている。「できない約束はしてはいけない」など、彼が投げかける言葉の裏にはどうにかして皐月の未来を良い方へ向かわせようとしていたのかと今になって考えてしまう。

ただ願いをきくだけの自分より、実際願いを叶えることのできる指輪の方が羨ましく思えたという言葉が寂しい。良いことも悪いこともつまるところ神様のお陰なのではなく、人の思いや行動によって成り立っているんだと・・・そういうことでよろしいんですね、先輩?

ラストは先輩帰ってきましたけど、これちょうどタイムリーに遙か4の風早ネタで同じような内容だったので新鮮味に欠けてしまった。でも先輩の願いを叶えてくれたのはあの指輪だよね。そう考えると指輪自体は悪いものじゃなく、悪用しようとしていた人なのかもしれない。このへんはエピローグでも語られていたけど、ヘリオトロープそのものが救われたらいいのにな・・・と思った。
この記事へのコメント
コメントを書く
管理人にのみ表示
この記事へのトラックバック
http://zunwind.blog94.fc2.com/tb.php/507-b11702d1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。