スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネオアンジェリーク フルボイス その1

ベルナール・ルネのエンディングを見ました。

ネオアンジェリーク フルボイス 通常版

ようやく・・・ようやく手をつけましたよ、ネオアン。実はちまちまとプレイはしていたんですが、いまいち仕組みが理解できなくてはじめからやりお直したり続けてみたりと。しかも私にはあまり時間がないので(やりたいゲームがたくさんある・・・プレイ待ちソフトあるのに買い過ぎとも言う)突っ走りたいのにサクっといけないのでプレイするのをためらってました。これ、1周目からメインのお方エンドは見れない仕様なんすか?
ソーナンス

                         ソーナンス >>


と、いうことでベルナールとルネに特攻してきました。途中から、これはきっとベルナールのルートに入っているのかな?というあたりで徐々におもしろくなってきた。それまでは、このまま進めていいのかよくわからんちんな状態に・・・。正直ここまでくるの結構面倒だね (ボソッ) ベルナールとルネは同時に攻略して途中からセーブデータを使いまわしたけど、メイン4人はどうなんだろ。しかも各キャラ以外にもエンディングがありそうなので大変そうだな・・・。

なんだかPS2本体の調子がおかしい。プレイ中時々止まったり動いたたり・・・。だんだんロードする時間が長くなっていく気がする。や、やばいかな。せめてネオアンが終わるまでは持ちこたえて欲しいなぁ。

さて、以下は2人のネタバレ感想です。

●ベルナール

ベルナール兄さん!

驚きました。彼は親戚のお兄ちゃんでした。途中までアンジェの過去を知っていそうだなと思ってはいましたが、まさか彼女が慕っていたお兄さんだったとは・・・。あんなに懐いていたんだからもっと早く気づこうよ、アンジェ。ま、そういう仕様ということで。

ベルナール

彼は浄化能力者ではない一般の人です。特殊な力を持たなくても人の英知によって自分や大切な人を守ろうとする、ある意味そういう考えに賛同するのは最もだと思う。誰かに頼ってばかりでなく、自分に出来ることをしようとする兄さんは立派だと思います。そして誰もが女王、女王と言っていた中で、アンジェ自らが幸せになれる道を選んでもいいんだよと言ってくれた1番の人なんじゃないでしょうか。こういったシーンでは兄さんの優しさが嬉しかったよ。他の人のルートはどうだか知らんが・・・。

それにしても「チャーミング」という言葉を連発していた兄さん。彼に限ったことではないが、このゲームのセリフはちょっと恥ずかしいモノが多い(笑)アンジェリークシリーズはこれが初めてなんだけど、みんなこうなのかしら?それと「僕の奥さんになって」っていうのもかなり破壊力があった。

●ルネ

教団長のときって、なんであんな爺さん言葉なの(笑)いや、まぁ・・・ワザとそうしてんのはわかるよ。だって中身は少年?ですからね。でも、ちょっと可哀想だね。聖都から離れないっていうのは・・・。アンジェのことがうらやましかったのかな。

ルネ

このルートで銀の大樹にまつわる話がもっとあったらよかったのに。教団ってそもそもは女王の誕生を待ちわびていたわけでしょ?恐らく女王と大樹は関わりが強いと思うので、そのへんの話が知りたかったよ。あれ?なんかあったっけ。スルーしちゃったのかな。だってアニメではたくさん登場しているのに・・・。

エンディングは彼らしい・・・っていうのか。ルネ自体がまだまだ幼いので、なんだか微笑ましいエンドでした。
この記事へのコメント
コメントを書く
管理人にのみ表示
この記事へのトラックバック
http://zunwind.blog94.fc2.com/tb.php/525-ed9243ce
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。