スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パニックパレット ポータブル その3

白原君と鳥羽君のエンディングを見ました。

4人まで攻略して思ったんですが・・・リーディに関してはいろいろナゾがあったりして、そこそこ楽しめてプレイできたのですが・・・先生や今回の2人は正直シナリヨに然程ひねりがないんだね。個別ルートに入るまで、ときどき「あっ!このネタは○○君のルートで何か明かされるのかな?」という期待はするものの、全くかすりもしないでエンディングへまっしぐらって感じがしる。

ハッキリ申し上げて今回の感想はあまりいいこと書いてないです。白原君と鳥羽君が好きだ!、もしくは彼等のルートが好きだ!という方は読まない方がいいかもしれぬ。

さて、毎回楽しみと言えば、従者ノルの姿が変化するというところかな。
画像がイマイチだが下はキノコが生えたノル。キノコはもちろん食材として使用。
キノコノル

3.白原尋也(魔王)
白原尋也




   『くすくすくす・・・』





怖ぇぇぇ~。マジで怖ぇぇぇ。今まで色んな腹黒キャラを攻略してきたが、この人ほど「わ~、イヤだな~」って思ったの初めて。ちょっと・・・いやかなり引いた。もし私のクラスメイトにこんな子がいたら、絶対に友達にはなりたくなタイプだね。亜貴のように寛大にはなれません、私。周りの雰囲気を一瞬にして凍らせる人ナンバーワンです。それなのに!というより、それだけに照れたり、いきなり素直になられるとどう対処していいのか本当に困る。どこまでが本気でどこまで冗談なのか・・・掴みどころのない闇の住人。

4.鳥羽一徒(ワンコ)
鳥羽一徒

彼とはかなり特殊な出会いだったが(笑)どうせならこのネタをもっと使って欲しかった。実は魔王の後に彼を攻略したので、なんていい子なんだろうと思ったがやはり彼にいろいろあったようです。今回は友達のえっちゃんが多く出演しているが、私・・・できれば三角関係じみたネタはあまり好きでない。リーディんときもそうだけど、またかって感じです。でもえっちゃんのがかなり男前で彼女の方に惚れそうになった。ルカもそうだけど、女友達の方が一緒にいて楽しい・・・。

では以下ネタバレ。

●白原君

彼と仲良く?なって休日水族館に誘ってもらったが、可愛らしい魚たちを見た後・・・頼むから昼食に寿司とか海鮮丼とか勘弁してください。有言実行の彼はブラウンでしっかり海鮮丼を食してた。ブラウンに海鮮丼があるのも驚いたが、平気で食べれるアンタが怖い。しかも亜貴にお礼したいからと言って誘ってきたワリに、かなり振り回されたデートでくたびれました。

とある夜ゲーセンで白原君と鳥羽君を見かける。魔王曰く『彼(鳥羽君のこと)がゲームセンターの前をうろついていたから、てっきり恐喝でもするのかと思って声を掛けたんだ』・・・あのぉ~、知らない人がそれ聞いたら本気にするかもしれないから、もう少し考えてモノ言ってくれ(って、そう思う私は鳥羽君に対してかなり失礼だよね) 思ったことをハッキリ言うのは彼の長所でもあり短所なのではないかと思うが、あまりに無神経な発言が多く私には無理です。

亜貴と白原君

ゲームパッケージ裏の彼はとっても可愛らしい表情なのに、ほんと騙された。魔王ルートに入ってからは亜貴のことが気になってるんだっていうのが分かってきて、ようやく私も彼に対して思うやばい感情は薄れてきた。ただ・・・白原君が大好きな方には申し訳ないが、それまでの仕打ちで私は挫折している。亜貴の先行きが非常に不安である。

●鳥羽君

ワンコ。身体能力が67%アップしたため彼に慕われることになった。大きい体で「姐さん、姐さん」って可愛らしいじゃないかっ。彼自身はすっごくいい奴なんだが・・・ちょっとベタじゃないかい?家の事情で家族関係は良くない→はけ口がなくケンカばかりするようになる→でも、根は優しい筋の通った人→そんな不良じみた彼が野良猫にエサをやる「(ネコに対して)お前も一人なんだな・・・」(えっちゃん談)

身体能力67%向上の結果

鳥羽君自体はエエ子だけど、正直申し上げて彼のルートはあまり好きでない。まず、亜貴があまりにもウジウジしすぎ。いつまでたっても煮え切らなくて腹が立ってきた。そして鳥羽君も「こんな自分に姐さんは合わない」って、おまいたちいったいいつの時代の人だよ。まぁ、亜貴はえっちゃんが彼のことを好きだっていうのを知ってしまったので悩む気持ちはわかるけど・・・あれじゃ、別にえっちゃんが好きじゃなくたって自分の気持ちに気づけずTHE ENDだね。今になって、魔王白原の言ってたことがよくわかる。(鈍いとか、卑屈っぽいとか、被害妄想などなど)

ただ・・・周りの友達が皆心配したり応援してくれたけど、人の恋愛沙汰にそこまで首をつっこむこともないんじゃない?と感じたのも事実。あの話の中ではシェルなんたらの期限も迫っていたし、亜貴のあの様子じゃ口を挟みたくなるかもしれないけど、当の本人が心の整理が出来てないし、どうにかしなくちゃいけないのは亜貴の思いや行動なわけで・・・。当の本人が認識していないうちに話がどんどん先に進んでいく気がした。おまいたち、少しは見守るというスキルも覚えたほうがいい。

鳥羽君と亜貴より、えっちゃんの方がよっぽど好感が持てる。このルート来るまではアホでうるさい子だと思っていたけど、振られた後のえっちゃんは最高にいい女だった。ルカもそうだけど、亜貴は友達に恵まれてるよな~。ツッコミセンスは高水準なのに・・・。鳥羽君のシナリヨはひと昔の恋愛模様が描かれた作品でした。
この記事へのコメント
コメントを書く
管理人にのみ表示
この記事へのトラックバック
http://zunwind.blog94.fc2.com/tb.php/540-0d5a3c78
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。