スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ときメモGS 1st Love その6

ゆっくりゲームしてる時間もとれないので、今あるセーブデータを使ってエンディングを迎えられそうな人々を攻略してみました。今回はNEWキャラ天童君・千晴君・有沢さんです。

この3人はEDが1種類だけで、しかも爆弾あんまり関係ないっぽいんで快適でしたよ。スキンシップができないのが残念だ。有沢さんのオタオタしたところも見たかった(←こう思うあたしってヤバイ人?)それにしても、前作からかなり時間経っているんで、千晴君がこんなにカワイイ子だったなんて知らなかったよ。では、以下ネタバレ感想です。


●天童君通常ED
天童君、不良ですが頭はいいらしい。休日に勉強デートしたら、彼女の一声で自分も大学受験してみようかな?だって。その次には大学受かったような気になって「卒業したら俺ら、大学生カップルだな!」って、すんごい嬉しそうな顔で言ってる。気が早いというか、単純なところがカワイイな・・・・・不良なのに。おまいは、やれば出来る子だ!でも、私が1番驚いたのはコレ↓

天童

あんた誰ですか!!文化祭に来てくれたんだけど、急に大人びた感じでビックリしたよ。髪黒いし、メガネですよ、奥さん!個人的には黒髪EDではメガネもしてくれるのかと思って期待してたんですが・・・。はぅぅ~、メガネの天童君素敵過ぎる。彼の告白では、信じられるのはケンカ仲間くらいで、他は誰からも相手にされなかった模様。でも彼女が自分のことを信じてくれたのがすごく嬉しかったみたいです。でもさ、EDでいきなり「学生結婚しような」はすごいな(笑)結局、一緒に大学受験はできなかったので、来年のお受験の為に予備校&彼女のかてきょーでしごかれているらしい(笑)不良のワリに尻に敷かれそうなタイプだと思いました。

●千晴君通常ED
千晴君とは間違いメールがきっかけで知り合うことになりますが、正式に会うのはずっと先。それまではメールのやりとりと、時々町で見かける程度です。それにしても、この子って影響されやすいのかしら・・・。町で「たのもう。オブギョウ様、どこですか。・・・あの、かたじけない」と声掛けられた日にゃ、どうしようかと思いましたよ。日本の文化・言葉を知るテレビ番組を教えて欲しいとメールきたので、時代劇と答えてやったのですが、あれがイカンのか?お礼メールのラストには「これにて、ごめん」(爆笑)いや、本当は彼とってもいい子なんですよ。素なんです。

ちは

千晴君とやっと会えることになったのに、声を掛けてくれたら逃げて行ってしまいました。果たして自分は、彼女が想像しているような「ちはる」あるのだろうかと怖くなってしまったみたいです。でも、ちゃんともう一度教会で会って謝ってくれました。そして、エンディングで改めて自己紹介。ようやくここから二人で歩みだしたところですかね?ちょっと照れ屋なところもあるけど、彼はすごく優しくて真面目な人です。こういう子、大好きだ~。

●有沢さん友情ED
自分は受験のことで頭がいっぱい。同じ女の子なのに、どうしてこうも違うのだろうと悩んでいたみたい。主人公のことがうらやましかったらしいです。自分にないものを持っている人に、こう思う気持ち良くわかります。身近にいれば尚更のこと。二人揃って一流大学いきましたけど、この二人はかなり頭いいので頭脳派コンビになりそうだ。以上。(←氷室先生風に)
この記事へのコメント
コメントを書く
管理人にのみ表示
この記事へのトラックバック
http://zunwind.blog94.fc2.com/tb.php/60-cb0dbb35
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。