スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

薄桜鬼 その3

斎藤・平助エンディング見ました。

前回、土方と沖田でちょっと沈み気味だった私。けしてつまらないとかではなくて、エンディングを迎えても終始切ない匂いが漂っていたので少々不安になりながら斎藤ルートへ入ったワケですが・・・。結論から言うと、少し救われた気分になりました。・・・・・斎藤って、かわいいね。普段から口数少なく感情が読みにくいけど、こういう人が照れているところを見ちゃうと本当たまらなくなる。

照れる斎藤

↓ 平助を攻略する際見た笑えるシーン。これから島原に遊びに行くつもりが井上さんに見つかって素振りをするとするとウソをつく新八。そんな新八に関心した井上さんは、自分も素振りを一緒にやると申し出る。このときのみんなの顔!(笑)

・・・・・・・・。


       ・・・マジかよ。




そんな心の叫びが聞こえたような気がしました。
では、以下ネタバレの感想。

●斎藤

とっても志の高い人だと思いました。それ故、最後会津の人たちを助けに行くところは、まさに死にに行くようで本当にブルーブルーだった。もうね、わかっているんだけどプレイしているこっちとしては「他に方法ないのかな?」って真剣に考えてしまった。

斎藤

だから途中で新八と左之が現れたときはすごく嬉しかったよ。この重苦しい雰囲気も彼等2人の会話でだいぶ気が楽になった。しかも平助まで来たよ!!よ、良かったなー、斎藤!(涙) 唯一彼を受け入れてくれた新選組の仲間たちと、またこうして共に戦えるときがこようとは!ウルウル・・・。

先に土方・沖田編をプレイした身としては、最初一緒だった仲間もいずれは自分の道を行くためバラバラになる流れだったので、こういう展開は予想してなかったのですよ。でも、今回斎藤の敵となった天霧のおっさんが話の分かる人?鬼で良かった。

雪の中の二人

↑ 終章のスチル。このときの斎藤は本当に幸せそうに見えた。羅刹化してのEDだったけど、今回のは素直に良かったと思える自分がいる。もしかして、慣れ・・・とかじゃないよね?

●平助

まず驚いたのは、伊東側に行ったのって自分の意思だったのか・・・。てっきり斎藤と同じく偵察隊だと思ってました。ルート前半では平助の迷いが前面に押し出されてましたね。新選組幹部で最年少の彼。まだまだ経験が少ない中で自分なりに一生懸命悩み、考えている姿が印象的だったかな。

平助


      『俺が守ってやるよ』




伊東暗殺事件では派閥うんぬん、本当に自分がしたいコトに気づいた平助はかっこよかったなー。個人的趣味では守られるばかりの主人公設定ってあまり好きではないのだけど、この平助があまりにおっとこ前でびっくりした。

話の展開ではなんとあの山南が暴走。彼の気持ちがわからないでもないけど、新選組総長としてこれはちょっと自覚が足りんのではないかと思った。(き、きびしぃっ!) まぁ、他のルートではかなりくすぶっていたようなので、ここで爆発したという感じですかね。

山南VS平助

千姫の出番がようやくキたわけだけど、そもそもこの子?というか、この家の目的はなんなのでしょうか?鬼の総本山かい。このルートでは、結果的に好きじゃないけど風間との間に血の濃い鬼の子孫を残すことになってしまったような?ま、まさか風間ルートで何かしら登場してくるんだろうか・・・。
この記事へのコメント
コメントを書く
管理人にのみ表示
この記事へのトラックバック
http://zunwind.blog94.fc2.com/tb.php/600-90c48d9f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。