スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アヴァロンコード その2

わくアニが終わったのでアヴァロンを始めました。
11/1発売のゲームだったんですが、みんなの感想が気になってレビューをチラ見。

アヴァロンコード

『めんどくせー、めんどくせー』って何がそんなにめんどくせーのかって。あぁ・・・なんで面倒なのかよく分かりました。このゲームの大きな特徴である預言書、つまりシステムの肝ですね。これが非常に使いにくいんですね。実際にプレイして先へ進むにつれて確かに『めんどくせー』と思いました。これさ、プレイしたらほとんどの人が「使いづらいな」って思うのわかってて発売してんのかね?

でも、このゲームすごいですよ。現在第2章(全11章)のはじめの方ですが、かなりハマりこんでプレイしてます。まずすごいと思ったのは、預言書を敵に擦り付けると(笑)そのモンスターのデータが見れます。で、そのデータをいろいろいじくることができるので、強い敵でもちょいちょいってやれば弱くなるんです。

あと、例えば洞窟とか色んなところで、ちょっとしたミニゲームをクリアして進む場所があります。クリア自体ならさほど難しくないんですが、ハイスコア(金メダル)を狙おうとすると、クリアできそうでできない。この絶妙なところがやばいです。途中から取れる場所は全て金を狙ってプレイしているのでなかなか進まないマジック(笑) フィールド上では調べるとコメントが表示される箇所もあり、そんなの探していると非常に時間がかかるわけですよ。

それもこれも全ては預言書の価値を上げるためなのです。預言書の価値を上げていくともっと多彩な武器なんかを作ることが可能なんですが、そういうのことでなくて具体的にエンディングにも影響すんのかね?いろいろめんどくせーけど、妙に楽しいんですよ(まぁ、でもダメな人はダメかな?)

ゲームはじめて最初は精霊のレンポという俺様キャラがいろいろ手ほどきしてくれるのですが、こいつがなかなかおもしろい子です。分かり易くいうと、頭で考えるより体で覚えろ的な感じですね。私も賛成です。冒頭でモンスターと戦った直後、また何かが近づいてくる!そこで続けて戦うかやめるか選択肢が出てくるんですよ。もちろん「やっちまう」を選び戦う気満々。

俺様レンポ登場   やっちまうか?

やっちまうを選んだらレンポが気が合うな!って・・・思わず「まあな」と心の中で返事しときました。ところが自分からやっちまおうと言い出したのに、面倒になる前に行こうぜって・・・えっ、やらないの?相手が人間だと色々面倒なんだそうです。ちなみにこのとき現れた人間はヒーロー候補の1人でした(笑) 確かにむやみに人に襲いかかるのもどうよって感じだよね。まったく血の気が多くて困るわ。

気が合うな!   え?やらないの?

↓ あと私がヤバイな思ったおじさんたち。
このおっさんヤバイ   タワシしか選べん

ビスの方は上のシーンを見てば分かるんですが、右・眼帯のタワシね、タワシ。

名前、タワシしか選べないんかー!

スポンジにしても『タワシorもやし』が表示され『もやし』を選んでも結局タワシになるのかよ!!意味ねーじゃん。にしても、レンポのネーミングセンスはなかなか侮れん。このゲーム、マジメなの?笑わせようとしてんの?ナゼだか妙におかしいところがたくさんあってかなり腹が痛い。あと笑ったのは剣のお師匠グスタフに奥義を教えてもらったとき。グスタフのクルクルにも笑ったが、主人公のクルクルに大爆笑しました。

今攻略本片手に進めているので、わからなくてつまずくってことはありません。ただ、このゲームは攻略本ないと辛いと思う。預言書の価値を上げるためにはあるに越したことないね。ただこのマップに掲載されている調べる場所(フィールド上)が、印してある所探しても、なかなか見つからん。微妙にズレてるというか・・・・・。ピンポイントは厳しいけど、その周辺探しても出てこないってどういうこと?あぁ、そんなことしてるうちに敵が近づいてくるじゃないか!

え?私の探し方が悪い?では続きに行ってきます。
この記事へのコメント
コメントを書く
管理人にのみ表示
この記事へのトラックバック
http://zunwind.blog94.fc2.com/tb.php/655-855225eb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。