スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

榎田尤利『交渉人は疑わない』

前のがすごくおもしろかったんで、続編出たら絶対読もうと思ってました!
発売してから時間経ってしまいましたけど、ちゃんと買ってましたよ~。
そして既に読み終えていました。
ぶっちゃけ感想書くのが面倒だったんですが、ようやくここで記事に残すことが出来ます。

キター!交渉人の続編!!

榎田尤利『交渉人は疑わない』


      『交渉人は疑わない』




確か前作『交渉人は黙らない』の感想では暴走してしまい、ものすごい長文を書いた覚えが・・・。結果から言っちゃうと今作、期待を裏切らないおもしろさだった。というより前作がベースになってるんで、更に内容に厚みが増して続編というものに相応しい・・・・・いや、それ以上かな?の出来になってる。毎回思うんだけど、こんなに冒頭から楽しい小説ってめずらしいんじゃないの?って、私が知らないだけか。

偉そうなこと言ってるわりに私はBL小説どころか、活字の本はほとんど読みません。眠くなるから。たいして小説読んでないから比較のしようがないけど、とにかくこれはマジでおもしろい。BLですからね。もちろんそういう描写もあるけど、そういうのがなくても全然OKじゃね?ってくらいイイよ。ちょっと褒めすぎかね?(笑)

それもこれも登場人物(主に主人公とその恋人)がすごくいい性格してるよ(笑)なんていうのかね、非常に生き生きしてて、つい応援してあげなくなるような感じでございます。2人の会話も笑えたし、互いに譲れない部分をちゃんと理解してあげているものいいですね。それでもやっぱり兵頭(主人公の恋人)が惚れた弱みか、芽吹には最後の最後で一歩引くあたり。詳細は書かないけど、今回は芽吹がどうしようもない依頼人を『信じてみる』と決め、体を張って守ったところは感動しました。

で、これ・・・・・続いてんだよね?あ、やっぱりそうみたい。うは~、むちゃくちゃ嬉しいかも。今後気になる点は最後の方に出てた芽吹の友人・敏腕弁護士の登場。ちょっとなにこれ、三角関係なわけ?あとキヨと智紀。キヨって小さくてカワイイものが好きなのかね。にしても智紀は相当な跳ねっ返りだから苦労しそうだよ(笑)

あと、やはり『疑わない』もいずれドラマCD出るのかな?
キャストが変わらなきゃ、平川さんと子安さんか。
この記事へのコメント
コメントを書く
管理人にのみ表示
この記事へのトラックバック
http://zunwind.blog94.fc2.com/tb.php/658-50ab2fdb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。