スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アヴァロンコード その5

現在7章。

5章では武術大会なるものがあり、大会までの自由行動でヒーロー候補にプレゼント大作戦したりして反応を楽しんでみました。プレゼントを渡した後、相手の独り言というかつぶやきのようなシーンが入るのですがこれがどうしてか私には笑えてしまって仕方ない。

レクス   アンワールのあはっ。

ヒーロー候補の1人で心が無いというアンワール。最初はかなり素っ気ないですが、親密度が上がった状態で話掛けると『あはっ』という反応にちょっと驚きました。性格上あまり表には出ないけど、話しかけられて嬉しい様子・・・なんだよね、コレ。

武術大会では剣・ハンマー・爆弾・飛び道具・素手の中から自分の流派を選ぶことになるのですが、やっぱり英雄には剣だろう、ということで剣を選択。単にRPGかぶれな私です(笑)途中、それぞれ流派の師匠たちが自分の流派を名乗れ!と勧誘してきますが、ナナイの言う「ただならぬ関係」には吹きました。アナタには散々騙されて落とされたから確かにただならぬ関係だけど!

ただならぬ関係

大会で戦う相手には、なんと我が国王のゼンノバートも!自分もいち剣士として戦うということらしいが、ウルルンから手厳しい一言がありました(笑)まったく、その通りです。とりあえず、その物忘れの激しさをなんとかしんしゃい。

王も出場   ウルルンの厳しい一言

大会後、物語は大きく動きます。

英雄扱いされたり反逆者となったり・・・。そもそもこのゲームのはじまりは、今この世界はもうじき終わり次の新しい世界で主人公が重要だと思うものを預言書に記していくという内容なのですが、この預言書を巡って様々な問題が勃発。敵国側の思惑・所業や親友の裏切りなど、そこで大事な予言を奪われてしまいます。

6章では預言書が無い状態でスタート。あんなに使いづらい預言書も無いとこんなに不便なのかと痛感しましたよ。しかも70万近くあった預言書の価値を示す値も38万ほどに・・・。今までの苦労はなんだったのか。この後預言書を取り戻すことに成功しますが、所々ページが抜けていてマップが表示されない。おーい、今私はどこにいるんだ。

そういえば6章では敵国の将軍・ヒースに会い、彼に素手で戦う術を教えてもらいました。このゲームをはじめて知ったとき、私はまずこのオッサンにアタックしようと心に決めていたのですが、発売間近にはウルルンに心移りしてました(笑)6章では預言書を持っていなかったのでヒースをスキャンすることが出来なかったのですが、彼とはいずれまた会うことになるのかな?

メンタルマップは16マスになりコードの保管が少し楽になりましたが、預言書を奪われた際精霊たちも一緒にいなくなってしまったので「しおり」が使えない。わ~、メタライズ探すのめんどくさすぎ。やっとウルルンに会ってこれから一緒に旅を楽しむ矢先にこれかよっ。これからまた精霊たちを集めなければなりません。そして私は今、彼と合流する為フランネル城に戻りマステマの天空槍でダンジョン攻略中。

メンタルマップが16マスになったので、今できる強い武器をいろいろ作ってみた。今、装備中なのは『終焉の大剣レーヴァテイン』と『魂貫く銃ドラグーン』。うわ~、強ぇぇぇ。他にもっと色んなメタライズを見つけて強い武器を作ってみたいです。とりあえずこれでウルルンを助けにいくゾ。

待っててね、ウルルン!

●おまけ●
久々に公式いったらキャラクター人気投票の結果が出てた。
1位はウルだったよ。彼ってば人気あるんだね~。
投票はしてなかったんですが、私も彼を好きな1人ですよ~。
この記事へのコメント
コメントを書く
管理人にのみ表示
この記事へのトラックバック
http://zunwind.blog94.fc2.com/tb.php/663-5892dc67
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。