スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリムゾン・エンパイア その11

あれから特典CD(メーカーVer.)一通り聞いてみました。

ロゼのこの特典は、結構気に入ってます。CASTさんたちが演じるキャラクターや、シナリヨについて語ってくれているので。ただ、今回ちゃんと話してくれてると感じたのは数名でしたけど・・・。特典ですからね、おまけにまでアレコレ求めたりしません。

これは聞き手によっても違うと思うのですが、なんかお疲れなんですかね?私が「あぁ、このインタビューの返答、いい加減というか適当だな」と感じた方は妙に疲れていたように思えた。このゲームに登場するキャラクターって独特じゃないですか。理解しにくい部分もあると思うので、それについてのコメントも難しいものがあるから仕方ないかな?

店舗Ver.のCDは聞いてないのでわからんのですが、これは出演される声優さんの性格にもよるところが大きいんだろうかね。普段ゲームなんかの特典でインタビューやフリートークのようなものの場合、実際演じている方はこんな風に思ってるんだ~とか、そういうのが聞けると嬉しいのですよ。私としては・・・。

特にロゼの作品に関しては、パズルのように多数のシナリヨが存在して、それが複雑に絡み合うような話が多い。自分なりに解釈してるつもりだけど、ここはやっぱり製作サイドにいるCASTさんの話も聞いてみたいんですよ。だからこの特典は毎回楽しみにしてたんで、少しばかり残念だったように思います。そんな中、フリートークで印象に残ったコメントを少し紹介。

●エドワルド(鈴村健一氏)
世間知らずなのかと思ってたら、世間を知りすぎていた王子様だった。

●マーシャル(成田剣氏)
初めてコレ(恐らく台本のこと)読んだとき、ほとんどのセリフが皮肉であったり、嫌味がかなり多くて「これはどうだろ?」と思った。
(ロゼのゲームを初めて演じられる方は、最初みんなそう思うんじゃないだろうかw)

●オランヌ(浪川大輔氏)
セリフがなげぇ!舌を噛みそうになった。

こんなところですかね。

あとは『おまけ』で相性占いがあるからやってみた。
出される質問に3択から選ぶってやつ。それじゃあ、最初は直感でGO!!
せっかくだから、途中経過も載せておく。

Q.あなたは恋人に尽くしたい方?尽くされたい方?
A.(断然)→尽くされたい方。

Q.暇で仕方ありません。何をしますか?
A.(ゲーム!っていう回答はないのか。じゃあ・・・)→知人をからかって遊ぶ。

Q.あなたが好きな酒の飲み方は?
A.気心の知れた友人と二人で飲む。

Q.ペアで仕事に取り組むことになりました。どんな人とペアを組みたいですか?
A.頼れる部下。

Q.勉強を教わるなら誰がいい?
A.教えてくれるなら誰でもいい。

Q.知人が怪我をしています。どうしますか?
A.誰にやられたのか尋ねる(基本です)

Q.幽霊を信じますか?
A.存在するかどうか調べたい(いないと思うけど、よく分からないから調べてみるよ)

Q.勉強を教わるなら誰がいい?
A.(あれ?ループ??)→教えてくれるなら誰でもいい。

Q.知人が怪我をしています。どうしますか?
A.(ええ?また??じゃあ今度は)→医務室に行くようにすすめる(私、手当て出来ないし)

Q.あなたが好きな酒の飲み方は?
A.(ちょっ!このループから抜け出せません)→気心の知れた友人と二人で飲む。

Q.ペアで仕事に取り組むことになりました。どんな人とペアを組みたいですか?
A.(もうこの際誰でもいいよ)→誰でもいい。

Q.幽霊を信じますか?
A.(また幽霊?あのぉ、この相性占いはどうやったら終わるんですか?)→信じない。

やっと結果がでました。私と相性がいいキャラは・・・ジャ、ジャスティン!?
相性占い
長男気質なタイプの人と気が合うの?えぇ~、そう・・・なの?
すごく衝突しそうな予感もするんですがねぇ。

えーと、なになに?一見気難しそうに見えるけど、根はイイ人。そうねー。イイ人だよ、この人。
人付き合いが下手で不器用なことから、親しくなるまでに時間が掛かる。なるほど。
ですが、恋愛関係になると態度が軟化し(爆笑)あなたのことを理解しよう、守ろうと努力してくれるでしょう??どっひゃー(驚)

キーアイテムは服。着せ替えごっこで親密度がアップするかも・・・?(お忍び編のネタねw)
私、コスとかはしないよ?←そういう着せ替えじゃない(ペシッ)

そうか・・・私はこういう人と相性がいいのか。自分の想像してたのと違かった。

あっ、でもそう言われてみると、私の仲良くなる人って、周りから見て付き合いにくそうなタイプの人多いかもしれないな。男女関係なく。この手の人は非常に面倒見がいいので、とても可愛がってくれる。何かしてくれるって時は、遠慮なく甘えてるよ、私。一癖のあるけど、仲良くなってくるとそういった部分も含めてカワイイと思えてくる。

じゃあ、この相性占いあながち間違ってないのね。納得した。

●まとめ●

振り返ってみて・・・このゲーム確かに恋愛ゲームだけど普通の恋愛系ではないと思います。エンディングは絶対一緒になってラブラブでなきゃアカン!という方にはオススメできないカモですね~。何でもアリ!ってわけじゃありませんから。

でも逆にその方が現実味あって、ぶっ飛んでいるご都合主義が余り好きではない私にとっては好感触のゲームだった。OPでシエラが選んだ道を考えると、今まで迎えてきたエンディングはどれもそれに沿った内容になっているし、個別エンドはそんな中で彼女の出した答えなのかな?という気もする。

プレイ時は笑ったり、どんよりしたり、驚いたり、感動してみたりと、とにかく忙しかったな~。特に兄弟のルートは楽しめましたね。あまりに対照的で・・・。1番気になるキャラはエドワルド。性格は兄ちゃんの方が好きだけど、弟の壊れっぷりには脱帽です(いろんな意味で)

これにて『クリムゾン・エンパイア』プレイ日記は終了です。6/30には続編『クリムゾン・ロワイヤル』が発売される予定ですが、これは買うかどうかはわかりません。また発売間近になって、プレイしてみたくなればポチるでしょう。
この記事へのコメント
コメントを書く
管理人にのみ表示
この記事へのトラックバック
http://zunwind.blog94.fc2.com/tb.php/692-d5e84627
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。