スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Daylight-朝に光の冠を- その3

ユースのエンドを迎え、その後BAD回収しつつフルコンプしました。

フルコンプするとギャラリーの最後に1枚追加され、シークレットが開通するんですが・・・。これ、本当に全部のエンド見ないとダメなんだね。てっきりギャラリーとシーンが埋まれば見れるのかと思ってました。しかもどのエンドを見たとか見てないとか、さっぱり覚えてねー!要は、ギャラリー&シーンに載らないエンドを見ればいいんだけどね。

先日このゲームのサントラをあまで注文していたんですが、無事届きました。
Daylight-朝に光の冠を- オリジナルサウンドトラックDaylight-朝に光の冠を- オリジナルサウンドトラック
(2008/06/27)
不明

商品詳細を見る

家にいるときは、普通に癒し系ソングとして聴いてます。ゲームのタイトルっぽく『朝』などに聴くと非常に爽やかな気分になれる。ゲーム中のエクストラでもBGMは聴けるのですが、ここに収録されてない曲もサントラでカバーされているのは嬉しい。

朝を迎えるゲームを終えてみて、さすがにユースのルートはいろ
いろ解明されるところが大きく、プレイしてておもしろか
った。

ただユース以外のキャラがちょっと残念な気がするよ。
1番は、各キャラとエンドを迎えた後が非常に気になる
ところ。ここはもうちょっと頑張って作って欲しかった。

このゲーム、普通に全年齢のほんのりBLゲーで売り出していた方がもっと売れたんじゃないだろうか。そんなことない??ユースとのエンドはこれもアリかもしれないけど、やはりここに恋愛要素(ズバリ)、もしくは互いが相手を必要としているんだ的なシーンがあった方がプレイする身としては嬉しいんだが・・・。私、腐過ぎますかね?

『Daylight』に関しては、絵がキレイでシナリヨの題材もなかなか良かった。CASTさんはベテラン勢ばかりで安心して聞けましたし、個人的には音楽も好きです。まぁあとは、ボリューム不足感はあるけど作品としては非常に良く出来ていると思うので、なんかもったいないような気がしる。ここのブランドさんは、今後何か展開していくんだろうか?スタッフブログは3月で止っているようだし・・・。

では、以降ユースの感想。ネタバレですよ。

●ユース
チェルニアの昔話で「昼と夜はもともとひとつだったという」くだりから、単純にルカとユースがそうなんでしょ?とか安易に考えていたんですが、実際真相がわかってくると、ユースって結構複雑に生まれた存在だった。もとは前の夜の支配者である一部だったとかそういうの。

ユース1どのキャラを攻略してても必ず聖堂ではユースが登場
してルカと契約をしようとはするけど、ナゼだか自分の
飢えをしのぐためだけじゃないんだろうな・・・とひしひ
しと伝わってきました。

むしろ契約をすることによって、人と夜徒が共存できる
世界を維持していきたいという方がしっくりくるような。

でもさ、こういう契約を持ちかけたのはチェルニア王だよね。今冷静になって考えると、これってユースにとってはいいことばかりじゃない。人も夜徒も生き延びるため王が自分の命を差し出す行為はそうそうできたものじゃないけど、先遣りだったユースに契約と称した枷を掛けているようにも取れた。ユースの中に未来を見出し、それから後の世界に希望を託す王って・・・あんた、タダもんじゃないね。

それにしても、ここの主人公(ルカ)は見た目一般ピーポーっぽいのに、非常にポジティブでたまげました。これは他のキャラ時もそうだけど、よくもまあ切羽詰ったこの短い期間で自分が生き残れるよう動けるものだと・・・。じゃなきゃゲームとして成り立たないんだけどね。それでも自分がユースを食べようとする発想がスゲー。

ユース2  夜であるユースの中に光があり、それは遥か昔、昼
  と夜が共に過ごしていたときの名残だったのかな。

  夜がさみしくて光を欲することにより人を食べていた
  ならば、そもそも離れてはいけないものだったんじゃ
  ないかと思えて仕方がない。


それでも初代のチェルニア王が夜と昼の溝を埋めていくために決断したこの契約も、ずっと昔の昔に見た夜明けの記憶を頼りに、ルカの世代まで紡がれていく様を見ていると非常に感慨深い。できれば過去に王とユースが一緒にいたときの絵も見たかったな~。
この記事へのコメント
コメントを書く
管理人にのみ表示
この記事へのトラックバック
http://zunwind.blog94.fc2.com/tb.php/729-f6b1d83a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。